TOP > 学会展示会レポート > 第20回日本脳低温療法・体温管理学会 教育セミナー告知

第20回日本脳低温療法・体温管理学会 教育セミナー告知

第20回日本脳低温療法・体温管理学会 教育セミナー「集中治療における脳機能モニタリングの最前線」のお知らせ

2017年7月7日~8日に開催される第20回日本脳低温療法・体温管理学会(会長 熊本大学医学部附属病院 救急・総合診療部 教授 笠岡 俊志先生)において、教育セミナーを共催させて頂きますので、ご案内申し上げます。

第20回日本脳低温療法・体温管理学会 教育セミナー

日時 : 2017年7月8日(土)10:40~11:40
会場 : メイン会場(ホテルメルパルク熊本 3階 根子岳)
題名 : 集中治療における脳機能モニタリングの最前線
座長 : 黒田 泰弘先生(香川大学医学部 医学研究科 救急災害医学 教授)
演者 : 永山 正雄先生(国際医療福祉大学 医学部 神経内科学 教授)
学会URL :

http://jabh20.umin.jp/

本セミナーでは、座長に黒田 泰弘先生(香川大学医学部 医学研究科 救急災害医学 教授)、演者に永山 正雄先生(国際医療福祉大学医学部 神経内科学 教授)をお招きし、【集中治療における脳機能モニタリングの最前線】と題してご講演を頂きます。

JRCガイドライン2015において痙攣性てんかん重積状態(以下NCSE)の治療におけるてんかん発作の管理、持続脳波モニタリングの重要性が強調された内容となりました。臨床所見による発作の検出が難しいと言われているNCSEに有用な持続脳波、aEEGといった脳波モニタリングをはじめ、電子瞳孔計を用いた瞳孔観察や超小型カプノメーターによるEtCO2モニタリングなど、神経救急・集中治療における国内外の脳機能モニタリングの最新動向と展望についてご紹介を頂く予定です。

第20回日本脳低体温療法・体温管理学会に参加される皆様には是非ご聴講ければ幸いに存じます。
また、弊社ブースにおきましても体温管理システムArctic Sunをはじめ、aEEG搭載の持続的脳波モニタNicoletOneNIRSモニタNIRO-200NX瞳孔記録計NPi小型カプノメーターEMMAなども展示しておりますので、お気軽にお立ち寄り下さい。

文責 救急・CC部 山田 真理

(2017年6月)

カテゴリ
学会展示会レポート
商品レビュー
ユーザーの声
イベントスケジュール
保守点検技術講習会
学会展示会・セミナー
会員制サイト
RTXの広場
Neuro モニタリング倶楽部
特設コーナー
人工呼吸器PAL(仲間たち)
体温管理 UpToDate
アンブ蘇生バッグ
赤外観察カメラpde-neo
Respiratory Products
Technical & Safety Tips
シミュレーション・ラボ
海外レポート
特別企画
インテリジェンスサービス
保守点検マニュアル更新のご案内
セミナーDVDのご案内
呼吸回路図・呼吸回路組立
文献・抄録情報
医療機器関連書籍のご紹介
商品に関する資料のご請求
その他
メールマガジンのご登録
メールマガジンのお問合せ
intへのお問合わせ
サイトマップ

会社情報
アイ・エム・アイ

Copyright © 2017 アイエムアイ(株). 医療従事者向け情報マガジン イント http://imimed.jp