TOP > 学会展示会レポート > 第27回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会 共催セミナーのご案内

第27回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会 共催セミナーのご案内
「呼吸管理の必須機器、経皮的CO2モニタリング装置について知ろう!」

第27回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会 イブニングセミナーのお知らせ「呼吸管理の必須機器、経皮的CO2モニタリング装置について知ろう!」

日時 : 2017年11月17日(金)18:30~19:20
会場 : E会場
仙台国際センター
展示棟1F「会議室1」
演者 : 福家 聡先生
KKR札幌医療センター 呼吸器科
座長 : 堀江 健夫先生
前橋赤十字病院 呼吸器内科
抄録 : ※pdfが開きます(506KB)
学会HP : 第27回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会

本セミナーでは、座長に堀江健夫先生(前橋赤十字病院 呼吸器内科)、演者に福家聡先生(KKR札幌医療センター 呼吸器科)をお招きし、【呼吸管理の必須機器、経皮的CO2モニタリング装置について知ろう!】と題してご講演を頂きます。

呼吸管理において重要なことは、酸素化と換気の改善であることは広く知られています。酸素化の指標としてのSpO2モニタは広く使用されていますが、換気量を反映するPaCO2についてのモニタリングはABGのスポット計測にて評価する手法が採られています。しかし、昨年より経皮的動脈血二酸化炭素分圧(tcpCO2)測定が保険適応となり、臨床現場における測定意義や有用性について改めて議論されるようになりました。

本セミナーでは、特に注目されている換気不全患者のREM 睡眠期のCO2貯留検知の必要性や、酸素流量の調整、NPPVの圧設定や目標設定などにおけるPaCO2モニタリングの重要性や有用性について、最近のエビデンスや演者の福家先生のご施設での臨床使用経験を併せて、ご講演いただく予定です。

第27回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会にご参加される皆様には是非ご聴講頂けると幸いです。

また、弊社展示ブースにおきましても、最新型の経皮CO2モニタリング装置TCM5をはじめ人工呼吸器MONNAL T75、T60、T50や陽・陰圧体外式人工呼吸器RTXを展示しておりますので、お気軽にお立ち寄りください。

文責 レスピラトリ・ケア部 木村 直道
(2017年10月)

カテゴリ
学会展示会レポート
商品レビュー
ユーザーの声
イベントスケジュール
保守点検技術講習会
学会展示会・セミナー
会員制サイト
RTXの広場
Neuro モニタリング倶楽部
特設コーナー
人工呼吸器PAL(仲間たち)
体温管理 UpToDate
アンブ蘇生バッグ
赤外観察カメラpde-neo
Respiratory Products
Technical & Safety Tips
シミュレーション・ラボ
海外レポート
特別企画
インテリジェンスサービス
保守点検マニュアル更新のご案内
セミナーDVDのご案内
呼吸回路図・呼吸回路組立
文献・抄録情報
医療機器関連書籍のご紹介
商品に関する資料のご請求
その他
メールマガジンのご登録
メールマガジンのお問合せ
intへのお問合わせ
サイトマップ

会社情報
アイ・エム・アイ

Copyright © 2017 アイエムアイ(株). 医療従事者向け情報マガジン イント http://imimed.jp