トップページ  / 学会展示会レポート / 第60回日本新生児成育医学会・学術集会 教育セミナーレポート

第60回日本新生児成育医学会・学術集会 教育セミナーレポート

第60回日本新生児成育医学会・学術集会が、2015年10月23日(金)〜25日(日)、いわて県民情報交流センター「アイーナ」・盛岡地域交流センター「マリオス」・ホテルメトロポリタン盛岡にて開催されました。学会最終日の25日、ホテルメトロポリタン盛岡本館 4F 早池峰 第8会場にて、教育セミナー16を共催いたしました。
今回のセミナーでは、座長に長谷川 久弥先生(東京女子医科大学東医療センター 周産期新生児診療部・新生児科 臨床教授)を、また演者にはイタリアより、クラウディオ ミグリオーリ先生(スペダーリ市民病院 新生児学・NICU イタリア ブレシア)をお招きし、「Effectiveness of Automatic Control of Inspired Oxygen for Neonates」(新生児に対する吸入酸素濃度の自動コントロールの有効性)を、ご講演頂きました。

以下、ご講演要旨をご紹介いたします。

 


 

教育セミナー16
日時:平成27年(2015年)10月25日(日) 12:00-13:00
会場:ホテルメトロポリタン盛岡本館 4F 早池峰 第8会場
題名:Effectiveness of Automatic Control of Inspired Oxygen for Neonates
   
新生児に対する吸入酸素濃度の自動コントロールの有効性
座長:長谷川 久弥 先生
    東京女子医科大学東医療センター 周産期新生児診療部・新生児科 臨床教授
演者:クラウディオ ミグリオーリ先生
    スペダーリ市民病院 新生児学・NICU イタリア ブレシア

    別ウィンドウでスライドを閲覧

    PDFでスライドを閲覧


 

スライド【1】 (スライドをクリックすると拡大表示できます)

 

呼吸器疾患において酸素療法は一般的に使用されている。しかしながら、新生児領域において、高酸素血症や低酸素血症は特に回避しなければならない。なぜなら、低酸素血症は中枢神経系などの臓器に悪影響を与える。

一方、高酸素血症はBPD(肺異形成)、ROP(未熟児網膜症)といった副作用を引き起こす。

 

スライド【2】

この問題についてTin Winらの報告(2007年)1) によると、早産児に対しROPを回避するためには動脈血酸素分圧が80mmHgを超えないように維持することが重要であると示された。

 

スライド【3】【4】

 

Kapadiaらは(2013年)、在胎24〜34週に出生した児に対し、スライド【3】表に示すSpO2を維持するために、2群に異なる濃度の酸素投与を10分間実施した。高酸素投与群(100%から下降)と低酸素投与群(21%から上昇)の2群を比較したところ、2群のSpO2目標値は同様であるにもかかわらず、酸化ストレスにより患者転機に差が生じることが報告2) された。

 

スライド【5】

 

ヨーロッパでは、2013年にガイドラインEuropean Consensus Guidelines on the Management of Neonatal Respiratory Distress Syndrome in Preterm Infants3) をUpdateした。急性期において、酸素投与による副作用を防ぐために?SpO2の目標値は90%〜95%に設定され、?サーファクタント投与後には、高酸素血症を防ぐために、SpO2を注意深くモニタリングし早急にFiO2を低下させる事、?出生後期ではSpO2の変動を避ける事が推奨項目となっている。

 

スライド【6】

Phyllisら(2010年)の報告4) では、非急性期においてはSpO2が目標値は94%以下で管理し、SpO2を80-85%となることを防ぐことで患者転機が改善する可能性が示された。

 

スライド【7】【8】

大変興味深い事に、いくつかの研究5) は、低SpO2群(目標値85-89%)と高SpO2群(目標値91-95%)を比較した場合、高SpO2群のほうが、低い死亡率であることを示している。
これまでの研究からは、現時点においてはSpO2の目標値は90%-95%であることが賢明の様である。

 

スライド【9】【10】

しかしながら、この目標値で呼吸管理もすることは決して簡単ではない。

スライド【9】TABLE2は、SpO2を目標範囲内で管理できた時間の割合(%)を調べた85名の患者を対象としたマルチセンタースタディ6) であるが、半分近くの時間は目標範囲外で管理されていたことがわかった。また、最近の報告としてHigh SpO2とLow SpO2の2群で比較したケースでも、High SpO2群は多くの症例が目標範囲内で管理できた一方、Low SpO2群はほとんどの症例で目標範囲外、特に上限を上回る管理が行われていた。可能性としてその原因はスタッフの数にあるかもしれない。

 

スライド【11】

こちらは看護師対患者の比率(1:1〜1:3)とSpO2が目標範囲内で管理できた割合を表にしたもの7) であるが、1:1では38%であったものが、1:3では15%へと低下した。しかしながら、現実に1:1で看護することは不可能であり、他の対策を立てなければならない。

 

 

次のページは、「クローズドループFiO2システム

 

参照文献

1) Tin W, et al.? Arch Dis Child Fetal Neonatal Ed 2007;92:F143
2) Kapadia VS, et al. Pediatrics 2013;132;e1488
3) Sweet DG, et al. Neonatology 2013; 103:353
4) Phyllis A, et al. Chin Med J 2010; 123(20): 2938-2942
5) Thomas M Berger, et al. Neonatology 2013;104:265
6) James I. hagadom, et al. Pediatrics 2006: 118; 1574
7) Sink DW, et al. Arch Dis Child Fetal Neonatal Ed 2011;96:F93
8) Claure N, et al. Pediatrics 2001;107:1120
9) Claure N, et al. J Ped 2009;155:640

 

 

文責: レスピラトリ・ケア部 村上
2015年11月

 

print 戻る 次のページ

関連一覧

Copyright 息 2017 ≪ゃ≪わ鐚.紫緇篋宴吾 ゃ潟http://imimed.jp