トップページ  / シミュレーション・ラボ / 臨床能力を有する薬剤師育成の取り組み INDEX / 1 / 2 / 3 / 4 / 5

臨床能力を有する薬剤師育成の取り組み

前回、「チーム医療~ベッドサイドに向かう薬剤師さんの場合~」では、チーム医療での薬剤師さんの役割拡大について取り上げさせていただきました。

今回は、チーム医療の中で活躍できる薬剤師さんを育成する教育現場で起きている変化をご紹介し、今後のチーム医療を考える上でご参考になればと考え、九州保健福祉大学薬学部 徳永仁准教授にお話しをお伺いしました。

 

九州保健福祉大学薬学部薬学科九州保健福祉大学薬学部薬学科 (6年制)

高度化する医療現場での即戦力となるよう医療薬学における実務を重視し、
「患者を中心とした医療」をサポートできる薬剤師の養成を目的とし、
2006-2008年度文部科学省が推進する質の高い医療人を養成する教育プログラム“医療人GP”に採択されました。GPとはgood practiceの略です。
薬剤師国家試験について、2007年より3年連続で総合合格率90%以上は九州保健福祉大学のみとなっています。  

 

九州保健福祉大学薬学部薬学科九州保健福祉大学薬学部 臨床薬学第二講座 徳永仁 准教授

チーム医療に参画できる薬剤師を育成するため「バイタルサインの確認・フィジカルアセスメント」ができる教育を指導し、臨床薬学系実習(ベッドサイド実習)、病院薬学演習や発展的客観的臨床能力試験(アドバンストOSCE)を担当されています。また、学外からの薬剤師の研修の要望にも応えておられます。薬学部に赴任するまでは、熊本大学医学部附属病院の薬剤師として薬剤師業務全般に携わっておられました。 

現在の研究テーマ

医薬品の適正使用を目指した最適治療法と薬学的診断法に関する研究。

バイタルサインの確認・様々な医療処置が体験できる薬学シミュレーション教育法の構築。

 

次のページ

print もどす print 次のページ>>  

関連一覧

Copyright © 2017 アイエムアイ(株). 医療従事者向け情報マガジン イント http://imimed.jp