トップページ / 海外レポート / シンガポールの医療政策と医療教育事情1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6

シンガポールの医療政策と医療教育事情

はじめに

医療費は、このCPFの一部で賄われます。積立率の6%がメディセーブという口座に入ります「今後数年間で海外から100万人以上の外国人患者を受け入れる」。もし、日本でそんな事を言い出したら、どうでしょうか?皆さんは狂気の沙汰と思われますか? ところが、「全国民の約1/5にあたる外国人患者を2012年までに受け入れよう」と国家戦略に掲げている国があります。 シンガポールです。


11 世紀、その島を訪れた王子がその土地でライオンを見たことにより「ライオン(シンガ)の都市(プーラ)」=“シンガポール”と名づけられた小さな国。いま まで観光で訪れられた皆さんも沢山おられるかと思います。残念ながら、今となってはどこを探してもライオンを見つけることはできません。見られるのは、世 界三大がっかりのマーライオンだけです(因みに、コペンハーゲンの人魚姫とブラッセルの小便小僧が残りのがっかりだそうです。京都タワーなんかもいい線を いっているのですが?・・蛇足です)。
中国系の人達により建国されたこの国には天然資源がありません。水さえも隣のマレーシアに供給を仰いでいます。人とその営みから生み出されるサービスだけ が、この国の資源なのです。そうしてこの国は医療サービスを戦略的基幹産業に位置付け、2012年までに100万人の患者さんと、そこから落とされる26 億シンガポールドル(以下S$)(GDPの約1%)の外貨収入獲得を目標に掲げているのです。今回はシンガポールの医療政策と医療教育事情についてレポー ト致します。

 

print もどす 次のページ>> 

関連一覧

Copyright © 2017 アイエムアイ(株). 医療従事者向け情報マガジン イント http://imimed.jp