「int」はアイ・エム・アイ株式会社が運営するWebマガジンです。医療機器に付随する情報サービスを発信しています。

TOP > 文献・抄録情報 > 経皮PCO2/SpO2モニタリングシステム TOSCA

経皮PCO2/SpO2モニタリングシステム TOSCA

2015年

肺胞低換気症候群におけるCPAP治療により改善しない高炭酸ガス血症の検討

筆者・演者

千葉大学呼吸器内科学 川田 奈緒子、寺田 二郎、巽 浩一郎

掲載・発表

2015年 日本呼吸器学会 MS90

中枢性無呼吸症候群患者の重症度と二酸化炭素換気応答の比較

筆者・演者

金沢医科大学呼吸器内科学 小島好司、中瀬啓介、野尻正史、加藤諒、東野茉莉、 北楯祥平、小林誠、高原豊、斎藤雅俊、藤本由貴、中川研、及川卓、水野史朗、長内和弘、栂博久

掲載・発表

2015年 日本呼吸器学会 PP703

PSG施行時のtcPCO2の推移について

筆者・演者

松阪市民病院呼吸器センター、三重大学免疫学教室 三重大学呼吸器内科
畑地 治、ガバザエステバン、伊藤 健太郎、内藤 雅大、田口 修

掲載・発表

2015年 日本呼吸器学会 PP709

経皮的炭酸ガス分圧測定有用性の睡眠時無呼吸症候群における臨床的検討

筆者・演者

帝京大学ちば総合医療センター第三内科 もりやスリープクリニック、帝京大学ちば総合医療センター
會田啓介、上遠野健之助、多田智、河野めぐみ、白神梨沙、田中健、荻谷政明、本間敏明

掲載・発表

2015年 日本呼吸器学会 PP710

酸素療法の臨床的評価および経皮的CO2モニタリングの基礎的検討と臨床応用に関する研究

筆者・演者

KKR札幌医療センター 呼吸器科 福家 聡

掲載・発表

2015年 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌 学会奨励賞受賞報告

ネーザルハイフロー療法の適応と限界

筆者・演者

神戸市立医療センター中央市民病院 呼吸器内科 富井 啓介

掲載・発表

2015年 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌 教育講演V

2014年

COPDにおける長期NPPV導入後のPaCO2変化率の重要性

筆者・演者

国立病院機構南京都病院 坪井 知正、角 謙介、山下みお、田畑 寿子、酒井茂樹、水口正義、小栗晋、佐藤敦夫

掲載・発表

2014年3月 日本呼吸器学会定期学術集会 ポスターセッションPP172

睡眠時無呼吸症候群における経皮的炭酸ガス分圧測定通用性の臨床的検討

筆者・演者

帝京大学ちば総合医療センター呼吸器内科 會田啓介、上遠野賢之介、多田智、河野めぐみ、田中健、荻野政明、本間敏明

掲載・発表

2014年3月 日本呼吸器学会定期学術集会 ポスターセッションPP380

6分間歩行試験での経皮的PCO2モニタリング

筆者・演者

日赤長崎原爆諌早病院 長崎大学第二内科 福島喜代康、吉田光浩、江原尚美、中野令伊司、松竹豊司、石松祐二、河野茂

掲載・発表

2014年3月 日本呼吸器学会定期学術集会 ポスターセッションPP753

NPPVタイトレーション目的でPSG検査を行った高CO2血症を伴うMarfan症候群の一例

筆者・演者

東邦大学医療センター大森病院臨床生理機能検査部、東邦大学医療センター大森病院循環器内科、
東邦大学医療センター大森病院呼吸器内科

杉山邦男、東谷剛志、小林真由美、橋本優子、桝谷直司、福永俊二、小林美奈穂、佐藤大輔、高井雄二郎、本間栄

掲載・発表

2014年7月 日本睡眠学会定期学術集会 ポスターセッションP-126

慢性期(慢性呼吸不全)の呼吸管理(急性増悪時を含む)

筆者・演者

国立病院機構南京都病院 坪井 知正

掲載・発表

2014年 日本呼吸ケアリハビリテーション学会 S4-4

6分間歩行試験での経皮的PCO2モニタリング

筆者・演者

日赤長崎原爆諌早病院 長崎大学第二内科 福島喜代康、吉田光浩、江原尚美、中野令伊司、松竹豊司、石松祐二、河野茂

掲載・発表

2014年 日本呼吸ケアリハビリテーション学会 C1-003

当院におけるRStの活動報告

筆者・演者

長野県厚生農業協同組合連合会鹿教湯三才山リハビリテーションセンター三才山病院

小金澤敦、山崎忍、深町秀彦、吉田雅俊、萩原和章、田中亜季、宮城浩一、泉重道、黒岩

掲載・発表

2014年 日本呼吸ケアリハビリテーション学会 E2-187

先天性中枢性肺胞低換気症候群(CCHS)の診断にあたり経皮的血液ガスモニタを臨床応用した一例

筆者・演者

国際医療福祉大学三田病院、国際医療福祉大学塩谷病院
酒井則子、井上、奥田達也、望月太一、佐藤哲也

掲載・発表

2014年 日本呼吸ケアリハビリテーション学会 P1-012

経皮的炭酸ガス分圧測定有用性の臨床的検討

筆者・演者

帝京大学ちば総合医療センター呼吸器内科
會田啓介、上遠野健之助、多田智、河野めぐみ、白神梨沙、田中健、荻谷政明、本間敏明

掲載・発表

2014年 日本呼吸ケアリハビリテーション学会 P2-145

経皮的CO2ガスモニタ~歴史、測定原理とその臨床応用~

筆者・演者

医療法人社団慈香会愛和クリニック 東京慈恵会医科大学麻酔科 香川草平

掲載・発表

2014年 日本臨床麻酔会誌 Vol 34 No1, 117~123

2013年

睡眠時無呼吸症候群における経皮的炭酸ガス分圧測定通用性の臨床的検討

筆者・演者

帝京大学ちば総合医療センター呼吸器内科 會田啓介、上遠野賢之介、多田智、河野めぐみ、田中健、荻野政明、本間敏明

掲載・発表

2013年3月 日本呼吸器学会定期学術集会 ミニシンポジウムMS23

非侵襲的換気療法と血液ガスの関係

筆者・演者

国立病院機構南京都病院 坪井知正

掲載・発表

2013年10月 日本呼吸ケアリハビリテーション学会 教育講演7

在宅呼吸ケアのポイントーより正確に病態を把握しより多くの人で支える

筆者・演者

田附興風会医学研究所北野病院呼吸器センター 福井基成

掲載・発表

2013年10月 日本呼吸ケアリハビリテーション学会 ランチョンセミナー10

COPDにおける長期NPPV導入後のPaCO2変化率の重要性

筆者・演者

国立病院機構南京都病院 坪井 知正、角 謙介、山下みお、田畑 寿子、酒井茂樹、水口正義、小栗晋、佐藤敦夫

掲載・発表

2013年10月 日本呼吸ケアリハビリテーション学会 一般演題C1-026

経皮的CO2ガスモニタ~歴史、測定原理とその臨床応用~

筆者・演者

医療法人社団慈香会愛和クリニック 東京慈恵会医科大学麻酔科 香川草平

掲載・発表

2013年4月 日本臨床モニター学会総会 教育講演III

持続的経皮夜間CO2測定の有用性ーCOPD症例を中心にー

筆者・演者

茨城東病院研究検査科、茨城東病院内科診療部呼吸器内科 加藤稔、斉藤武文

掲載・発表

2013年6月 日本睡眠学会定期学術集会 P-092

救急外来における急性呼吸不全の管理

筆者・演者

神戸市立医療センター中央市民病院呼吸器内科 富井啓介

掲載・発表

2013年8月 呼吸と循環 61巻8号

CO2ナルコーシスを呈した片側性横隔神経麻痺の重症心身障害者例

筆者・演者

独立行政法人国立病院機構鳥取医療センター小児科 赤星進二郎、小松倫子、中野英二

掲載・発表

脳と発達 45(suppl): 5393-5393, 2013.

2012年

長期NPPV導入後のPaCO2変化率が予後に及ぼす影響

筆者・演者

国立病院機構南京都病院 坪井 知正、角 謙介、山下みお、田畑 寿子、酒井茂樹 水口正義、小栗晋、佐藤敦夫

掲載・発表

2012年11月 日本呼吸ケアリハビリテーション学会 一般演題E1-03

睡眠時無呼吸症候群における経皮的炭酸ガス分圧測定通用性の臨床的検討

筆者・演者

帝京大学ちば総合医療センター呼吸器内科 會田啓介、上遠野賢之介、多田智、河野めぐみ、田中健、荻野政明、本間敏明

掲載・発表

2012年11月 日本呼吸ケアリハビリテーション学会 一般演題E1-33

経皮的PCO2と動脈血PaCO2の比較検討

筆者・演者

日赤長崎原爆諌早病院 長崎大学第二内科 松竹豊司、福島喜代康、江原尚美、中野令伊司、河野茂

掲載・発表

2012年4月 日本呼吸器学会定期学術集会 PP702

人工呼吸管理中の2型呼吸不全患者における経皮的CO2モニタを利用した夜間CO2の推移の検討

筆者・演者

神戸市立医療センター中央市民病院呼吸器内科 門田和也、川村卓久、玉井浩二、松本健、田中広裕、
永田一真、大塚今日子、中川敦、立川良、大塚幸次郎、富井 啓介

掲載・発表

2012年4月  日本呼吸器学会定期学術集会 PP703

ヘルメットによるNPPV管理中経皮的Co2モニタ(TOSCA500)が有用であった多発性外傷後COPD増悪例

筆者・演者

石川県立中央病院 消化器内科、総合診療科 林智之、土山寿志、山田真也、竹田康人、木藤陽介

掲載・発表

2012年 日本消化器内視鏡学会雑誌 Vol 54 (11), Nov

大腸内視鏡における二酸化炭素送気の有用性の検討

筆者・演者

近畿大学医学部奈良病院 救急救命部 和田翔大、公文啓二、尾鼻泰則、大家宗彦

掲載・発表

2012年4月 日本臨床モニター学会総会 GI-6

2011年

運動時に口呼吸となる患者へ低流量酸素を投与する方法の検討

筆者・演者

東大和病院リハビリテーション科  東大和病院MEセンター 笹森崇、宮内友里恵、馬屋原隆志、中山雄司、梶原吉春

掲載・発表

2011年11月 日本呼吸ケアリハビリテーション学会 E2-16

呼吸介助手技における経皮的二酸化炭素分圧の変化について

筆者・演者

岐阜中央病院リハビリテーションセンター 平成医療短期大学リハビリテーション学科 中部学院大学リハビリテーション学部 岐阜県総合医療センター中央リハビリテーション部 岐阜県内部障害リハビリテーション研究会 山田みゆき、河合克尚、三川浩太郎、西脇雅

掲載・発表

2011年11月 日本呼吸ケアリハビリテーション学会 E2-25

呼吸器疾患症例における経皮的炭酸ガス分圧測定装置有用性の検討

筆者・演者

帝京大学ちば総合医療センター呼吸器内科  會田啓介、深澤弘行、荻谷政明、本間敏明

掲載・発表

2011年11月  日本呼吸ケアリハビリテーション学会 D1-16

終夜経皮的二酸化炭素分圧測定

筆者・演者

神戸市立医療センター中央市民病院呼吸器内科 富井 啓介

掲載・発表

2011年11月 日本呼吸ケアリハビリテーション学会 WS3-5

経皮的二酸化炭素分圧測定装置を用いた睡眠時における二酸化炭素蓄積の分析

筆者・演者

茨城東病院内科診療部呼吸器内科 谷田貝洋平、斉藤武文、梅津泰洋、伊藤光修、古川雅得 山田将夫、稲村真治

掲載・発表

2011年11月 日本呼吸ケアリハビリテーション学会 D2-02

終夜睡眠ポリグラフ検査における経皮的PCO2モニタリング導入の検討

筆者・演者

日赤長崎原爆諌早病院 長崎大学第二内科 福島喜代康、江原尚美、川脇さやか、長田かな子、河野茂

掲載・発表

2011年11月 日本睡眠学会定期学術集会

2010年

二酸化炭素を用いた内視鏡検査および治療

筆者・演者

国立がん研究センター中央病院 消化管内視鏡科  野中哲、斎藤豊、小田一郎

掲載・発表

2010年  日本消化器内視鏡学会雑誌 Vol 52 (8) 8月

汎発性腹膜炎を呈した1症例の経皮PCO2/SpO2モニタリングシステムと消化管粘膜代謝モニタ同時測定による組織酸素代謝の検討

筆者・演者

東邦大学医療センター大森病院  寺田享志、田中祥子、吉田和正、高橋宏行、濱田良一、落合亮一

掲載・発表

2010年  日集中医誌 P223~224

理想のモニターとは -非侵襲的モニターは侵襲的モニターを超えられるか-

筆者・演者

社団医療法人 社団カレスサッポロ統括経営管理部長  金谷 憲明

掲載・発表

2010年 臨床麻酔 Vol34/No9 P1459~P1468

経皮的炭酸ガス分圧測定装置の有用性の検討

筆者・演者

帝京大学ちば総合医療センター呼吸器内科  會田啓介、佐川義英、荻野政明、本間敏明

掲載・発表

2010年10月 日本呼吸ケアリハビリテーション学会 C2-18

炭酸ガスを知る=呼吸・循環を制する -経皮炭酸ガス測定の有用性-

筆者・演者

倉敷中央病院 総合周産期母子医療センター 渡辺晋一

掲載・発表

2010年7月 教育セミナー 3-2

Detection of hypoventilation during deep sedation in patients undergoing ambulatory gynaecological hysteroscopy: a comparison between transcutaneous and nasal end-tidal carbon dioxide measurements.

筆者・演者

旭川医大麻酔蘇生科 笹川智貴,大友重明

手稲渓仁会麻酔科 菊池千歌,藤田智, 高畑治,岩崎宏

掲載・発表

日本臨床麻酔学会 2004年10月 演題1-236

2009年

経皮PCO2モニターリングシステム(TOSCA500)を利用した血液透析中のPCO2変動の考察

筆者・演者

高島平中央総合病院 臨床工学部、看護科、内科 大出勲、山崎匡俊、吉田正弘、小橋道臣、泉正明、麦倉素行

掲載・発表

2009年  日本呼吸療法医学会 O1-2-6

経皮PCO2モニターの睡眠障害への応用

筆者・演者

太田西の内病院呼吸器センター内科  松浦 圭文、沼倉忠久、高崎雄司

掲載・発表

2009年  睡眠医療 Vol3 No1

ESDにおける二酸化炭素送気の安全性の検討

筆者・演者

新潟大学医歯学総合病院消化器内科, 新潟大学医歯学総合病院光学医療診療部

掲載・発表

2009年 日本消化器内視鏡学会 甲信越地方会抄録

鎮静下での気管支鏡検査における呼吸状態の検討

筆者・演者

金沢市立病院呼吸器科、金沢大学付属病院呼吸器科 片山伸幸 徳田麗、中積泰人、藤村正樹

掲載・発表

2009年 日本呼吸器内視鏡学会抄録 Vol 30, No5, Sep

2008年

内視鏡診断、治療のコツと工夫 上部消化管 ESD困難例のコツと工夫

筆者・演者

国立がんセンター中央病院 内視鏡部 斎藤豊

掲載・発表

Anaesthesia 2008, 63, pages814-821

人工呼吸管理病棟における経皮的動脈血二酸化炭素分圧測定装置の有用性

筆者・演者

社会保険小倉記念病院救急部 中島研

社会保険小倉記念病院麻酔科・集中治療部 角本眞一,宮脇宏,瀬尾勝弘

掲載・発表

2008年2月 日本集中治療学会学術集会 DP-283

経皮二酸化炭素分圧モニター普及への課題―認知の低さだけが原因か

筆者・演者

東京慈恵会医科大学 麻酔科 平林万紀彦,香川草平

掲載・発表

2008年6月日本麻酔学会定期学術集会 ワークショップ

新しい経皮動脈血炭酸ガス分析装置(TOSCA500)は回復室で利用可能な器材となった。

筆者・演者

厚木市立病院麻酔科 葛田憲道,上出正之
東京慈恵会医科大学麻酔科 香川草平

掲載・発表

2008年6月日本麻酔学会定期学術集会 ポスターセッション

救急外来を受診した過換気症候群症例のSpO2/Ptco2測定器による経皮的ガスモニタリング

筆者・演者

昭和大学第一内科  鈴木慎太郎,本間哲也,尾高美保,川口未央, 松倉聡,黒川真嗣,足立満
横浜市立みなと赤十字病院アレルギーセンター  中村陽一,河野徹也,山本真弓

掲載・発表

2008年6月  日本呼吸器学会定期学術集会 ポスターセッションPP828

末梢循環不全における経皮的二酸化炭素モニタの有用性

筆者・演者

東邦大学医学部外科系、東邦大学医学部第一麻酔科  田中洋子、落合亮一

掲載・発表

2008年 132回東邦医学会例会、大学院学生研究発表

経皮CO2モニタリング

筆者・演者

KKR札幌医療センター呼吸器内科  福家聡

掲載・発表

2008年11月  日本胸部疾患学会雑誌 増刊

The effect of different analgesic regimens on transcutaneous CO2 after major surgery.

筆者・演者

J. McCormack et al.

掲載・発表

Anaesthesia 2008, 63, pages814-821

2007年

経皮炭酸ガス分圧測定装置(TOSCA)によるNPPV治療の評価

筆者・演者

KKR札幌医療センター呼吸器科  斎藤拓志,福家聡

掲載・発表

2007年6月30日 第18回非侵襲的換気療法研究会(札幌) 一般演題 8頁

経皮炭酸ガス分圧測定装置(TOSCA)の肺結核後遺症患者における意義

筆者・演者

KKR札幌医療センター呼吸器科; 福家聡,斉藤拓志,小島哲弥

KKR札幌医療センター腫瘍内科; 磯部宏,西浦洋一

掲載・発表

日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 E1-21 抄録集P128

経皮炭酸ガス分圧測定装置(TOSCA)によるNPPVマスクの換気効率の評価

筆者・演者

KKR札幌医療センター呼吸器科  斉藤拓志、福家聡,小島哲弥,磯部宏,西浦洋一

掲載・発表

2007年 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 E1-22 抄録集P128

CO2モニタとパルスオキシメトリー

筆者・演者

医療法人社団慈香会愛和クリニック, 厚木市立病院麻酔科, 東京慈恵会医科大学病院麻酔科;香川草平

掲載・発表

医科器械学 第77巻 第2号 77-82頁 Vol.77, №2(2007)

大腸ESDにおける炭酸ガス送気のメリット

筆者・演者

国立がんセンター中央病院・内視鏡部 斉藤豊,菊地剛,福澤誠克,瀧澤初, 鈴木晴久,滝沢耕平,横井千寿,草野央,松田尚久,斉藤大三,藤井隆広

掲載・発表

消化器内視鏡 第19巻第5号 ワークショップ:進化するESD 2007年5月 VOL.19 No.5

経皮的二酸化炭素モニタの末梢循環不全における追従性

筆者・演者

東邦大学医療センター大森病院;麻酔科 田中祥子,松岡孝明,高橋宏行,寺田享志,濱田良一,落合亮一

掲載・発表

2007年6月 日本麻酔科学会第54回学術集会 P2-32-01 モニタリング7/7

大腸内視鏡検査におけるCO2送気の有用性の検討

筆者・演者

東京医科大学・消化器内科;大島敏裕, 平良悟,野中雅也,中村洋典,湯川郁子, 八木健二,高真理,近藤麻里,片岡幹統, 高垣信一,川上浩平,河合隆,宮岡正明, 酒井義浩,森安忠典

掲載・発表

2007年6月  第84回日本消化器内視鏡学会関東地方会 W2-3-1 「内視鏡手技における私の工夫(大腸)」

迅速導入における酸素飽和度、二酸化炭素分圧の経時的測定

筆者・演者

立正佼成会附属佼成病院麻酔科 西島薫,濱田啓子,三田えり,粕谷祐輔, 橋田芙紗子,

東京女子医科大学麻酔科 尾崎眞

掲載・発表

2007年6月 日本麻酔科学会第54回学術集会 P2-32-03 モニタリング7/7

2006年

新しい経皮型二酸化炭素分圧モニターTOSCAの臨床評価

筆者・演者

札幌医科大学医学部麻酔科; 佐藤順一,山蔭道明,岩崎創史,西條裕正,並木昭義

掲載・発表

2006年4月 P1-6  第17回日本臨床モニター学会総会

経皮CO2モニタと胃粘膜トノメトリの相関

筆者・演者

東邦大学医療センター大森病院麻酔科; 田中祥子,牧裕一,豊田大介,落合亮一

掲載・発表

2006年6月  日本麻酔科学会第53回学術集会 P1-22-06

TOSCATMの片肺換気での評価

筆者・演者

昭和大学横浜市北部病院麻酔科;小坂誠,山田佐世子,今永和幸,大江克憲,鈴木尚志,世良田和幸

掲載・発表

2006年6月  日本麻酔科学会第53回学術集会 O03-05

高齢者脊椎麻酔症例における経皮二酸化炭素モニタの使用経験

筆者・演者

立正佼成会附属佼成病院麻酔科; 粕谷祐輔,三田えり,西島薫,濱田啓子 

東京女子医科大学麻酔科学教室;尾崎眞

掲載・発表

2006年6月  日本麻酔科学会第53回学術集会 P2-22-01

経皮CO2モニタ-基礎および臨床研究報告

筆者・演者

KKR札幌医療センター呼吸器科;福家聡

掲載・発表

第16回日本呼吸管理学会学術集会 2006年7月 ESIII-3

経皮酸素・炭酸ガスモニター(TOSCA500)の使用経験とラディカル指先センサーとの比較検討

筆者・演者

東海大学医学部附属八王子病院 MEセンター; 梶原吉春,藤井誠二,江田博美,徳留大剛

掲載・発表

第16回日本呼吸管理学会学術集会 2006年7月 E-34

新型デバイスとTOSCAモニタ-下に二酸化炭素送気を用いた大腸ESDの標準化

筆者・演者

岡山大医学部・歯学部附属病院 光学医療診療部;河原祥郎 消化器・肝臓・感染症内科学;竹中龍太,岡田裕之

掲載・発表

2006年10月  消化器内視鏡学会・消化器病学会(DDW) 内PD23-追3

意識化鎮静法におけるCO2送気の導入-大腸ESDの標準化にむけて-

筆者・演者

国立がんセンター中央病院・内視鏡部;斉藤豊,浦岡俊夫,松田尚久

掲載・発表

2006年10月  消化器内視鏡学会・消化器病学会(DDW) 内PD23-8

大腸ESDにおけるCO2送気の安全性の検討-経皮的炭酸ガスモニターを使用して

筆者・演者

国立がんセンター中央病院・内視鏡部;菊池剛,斉藤豊,松田尚久

掲載・発表

2006年10月  消化器内視鏡学会・消化器病学会(DDW) 内PD21-追5

経皮二酸化炭素分圧測定器(TOSCA)モニター下に二酸化炭素送気、プロポフォールを用いたESD

筆者・演者

岡山大大学院・消化器・肝臓・感染症内科学; 谷岡大輔,岡田裕之,竹中龍太,八木覚,筑木隆雄,白鳥康史

光学医療診療部;河原祥朗

掲載・発表

2006年10月  消化器内視鏡学会 内P-177

分離肺換気中におけるTOSCA500を用いた経皮二酸化炭素分圧測定の有用性

筆者・演者

札幌南三条病院麻酔科;中山禎人  札幌医科大学医学部麻酔学教室;並木昭義

掲載・発表

2006年11月 第28回日本手術医学会会誌 一般演題11

無呼吸が動脈血酸素飽和度と二酸化炭素分圧に与える影響:経皮的二酸化炭素分圧モニターの検討

筆者・演者

三重県厚生連松阪中央総合病院リハビリテーション科 太田 喜久夫

三重県厚生連松阪中央総合病院神経内科 大達 清美

掲載・発表

リハビリテーション医学 : 日本リハビリテーション医学会誌 43(Supplement), S410, 2006-05-18

神経筋疾患患者における呼吸理学療法中の動脈血酸素飽和度と二酸化炭素分圧の推移

筆者・演者

三重県厚生連松阪中央総合病院リハビリテーション科 太田 喜久夫

三重県厚生連松阪中央総合病院神経内科 大達 清美

掲載・発表

第43回日本呼吸リハビリテーション学会学術集会 2006年 3-P3-4

経皮PCO2(PtcCO2またはTcPCO2)測定器

筆者・演者

日本呼吸器学会 肺生理専門委員会  日本呼吸管理学会 酸素療法ガイドライン作成委員会

掲載・発表

酸素療法ガイドライン メディカルレビュー社  第VII章 酸素療法のモニタリング P82-84

2005年

末梢血管病変が経皮炭酸ガス分圧に与える影響

筆者・演者

旭川医科大学医学部麻酔科蘇生科; 笹川智貴,藤田智,高畑治,岩崎寛

掲載・発表

2005年4月  第16回日本臨床モニター学会総会

経皮的PCO2モニタは末梢循環を反映するか?

筆者・演者

東邦大学医学部麻酔科学第一講座; 田中祥子,高橋宏行,豊田大介,吉岡里利子,出光亘,落合亮一

掲載・発表

日本麻酔科学会第52回学術集会 2005年6月 P2-38_04

新しいPtcCO2モニタ-(TOSCA)の臨床評価

筆者・演者

昭和大学横浜市北部病院麻酔科;小坂誠  医療法人近森会近森病院麻酔科; 畠中豊人,宮崎明子,鈴木聡,須賀太郎,楠目祥雄

掲載・発表

日本麻酔科学会第52回学術集会 2005年6月 P2-39_01

経皮炭酸ガス、呼気炭酸ガスおよび経鼻炭酸ガスモニターのBland and Altman分析を用いた精度の検討

筆者・演者

東京慈恵会医科大学 麻酔科学講座; 藤原千江子,大谷法理,香川草平  厚木市立病院 麻酔科; 平林万紀彦,上出正之

掲載・発表

日本麻酔科学会第52回学術集会 2005年6月 P2-39_04

耳介で測定する経皮炭酸ガス分圧モニターにおける初期オーバーシュートの回避について

筆者・演者

厚木市立病院麻酔科; 平林万紀彦,上出正之,香川草平  東京慈恵会医科大学麻酔科;大谷法理

掲載・発表

日本麻酔科学会第52回学術集会 2005年6月 P2-39_06

経皮的動脈血二酸化炭素測定装置の精度の検証

筆者・演者

北海道大学第一内科;福家聡 西村正治  医学部保健学科;宮本顕二

掲載・発表

第15回日本呼吸管理学会学術集会 2005年6月 F-50

新しい経皮的二酸化炭素分圧モニター TOSCAの臨床評価

筆者・演者

札幌医科大学 医学部麻酔学講座; 山蔭道明,佐藤順一,岩崎創史,並木昭義  札幌医科大学附属病院臨床研修センター; 西條裕正

掲載・発表

臨床麻酔  Vol.29/No.7(2005-7)

経皮炭酸ガスモニター(TOSCA)の反応時間は臨床応用に十分なほど早い

筆者・演者

厚木市立病院麻酔科; 平林万紀彦,香川草平,上出正之  東京慈恵会医科大学麻酔科;上園晶一

掲載・発表

2005年11月 臨床麻酔学会 Ⅱ-PC9-6

TOSCA(経皮PCO2/SpO2モニタリングシステム)の使用経験

筆者・演者

宝塚市立病院 集中治療救急室;妙中信之

掲載・発表

人工呼吸:日本呼吸療法学会誌 2005年4月第22巻1号

Changes in transcutaneous PCO2 on earlobe represent hypoperfusion characterized by systemic increase in lactate

筆者・演者

R.Ochiai,S.Tanaka,Y.Maki,H.Takahashi,T.Terada,Y.Hamada

掲載・発表

Euroanaesthesia(ESA)2005,Annual Meeting, Vienna,Austria,May28-31,2005

A comparison of pre-and postoperative transcutaneous carbon dioxide tensions and oxygen saturations in spontaneous breathing patients with TOSCA monitor

筆者・演者

A,Kopka, E. Wallace, A. Binning

掲載・発表

Euroanaesthesia(ESA)2005,Annual Meeting, Vienna,Austria,May28-31,2005

Performance In Tracking Heart Rate of a Combined Pulse Oximeter and Carbon Dioxide Sensor Incorporating Novel Signal Processing

筆者・演者

Martina Lux, Christian F. Clarenbach and Konrad E..Bloch

掲載・発表

ERS ,Copenhagen,Denmark, September17-21,2005 802

Non-invasive monitoring of carbon dioxide levels in patients using non-invasive ventilation for acute exacerbations of COPD

筆者・演者

M Cox, R Kemp, SJ Anwar, V Athey, T Aung,ED Moloney

掲載・発表

ERS ,Copenhagen,Denmark, September17-21,2005 3544

Monitoring Carbon Dioxide Tension and Arterial Oxygen Saturation by a Single Earlobe Sensor in Patients with Critical Illness or Sleep Apnea.

筆者・演者

Oliver Senn,MD; Christian F. Clarenbach,MD; Vladimir Kaplan,MD; Marco Maggiorini,MD;and Konrad E.Bloch

掲載・発表

CHEST 2005 September;128:1291-1296

Transcutaneous PCO2 monitoring in critically ill adults: Clinical evaluation of a new sensor.

筆者・演者

Karim Bendjelid,MD,MS;Nicolas Schutz,MD; Martin Stolz,MD; Isabelle Gerard,MD;Peter M. Suter,MD

掲載・発表

Crit Care Med 2005 Vol.33, No.10.

2004年

内視鏡的胆嚢摘出術の術中管理に経皮的二酸化炭素分圧測定が有用であると考えられた1例

筆者・演者

厚木市立病院麻酔科 大谷法理,香川草平,上出正之

掲載・発表

臨床麻酔  Vol.28/No.12(2004-12)

新しい経皮炭酸ガス分圧モニターの有用性 -呼気終末炭酸ガス分圧モニターとの比較-

筆者・演者

旭川医大麻酔蘇生科 笹川智貴,大友重明

手稲渓仁会麻酔科 菊池千歌,藤田智, 高畑治,岩崎宏

掲載・発表

日本臨床麻酔学会 2004年10月 演題1-236

Controlling of High Frequency Jet Ventilation (HFJV) by measurement of the transcutaneous carbon dioxide tension (TcCO2) during rigid bronchoscopy.

筆者・演者

Clemens Mannle, Felix J. Herth, Heinrich D. Becker, Klaus Wiedemann, Thoraxklinik Heidelberg, Heidelberg Germany.

掲載・発表

CHEST 2003 in Orlando, Florida USA, October 25-30,2003

Evaluation of a new combined SpO2/PtcCO2 sensor in anaesthetized paediatric Patients

筆者・演者

Alexander Dullenkopf, Stefano Di Bernardo, Felix Berger, Margrit Fasnacht, Andreas C. Gerber, Markus Weiss,

掲載・発表

Paediatric Anaesthesia 2003; 13:777-784

Clinical Evaluation of a New Combined Transcutaneous Carbon Dioxide Tension and Pulse Oximetry Sensor in Adult Patients Undergoing Laparoscopic Surgery

筆者・演者

Akio Mizushima,M.D.,Ph.D.,Akiya Nakamura,M.E., Shinobu Katashima, M.D., Yasushi Kawauchi, M.D., Yoichiro Kamiyama, M.D.,Ph.D.

掲載・発表

ASA, Las Vegas,Nevada, October 25,2004 A563

Initial Transcutaneous PCO2 Overshoot with Ear Probe at 42℃

筆者・演者

Sohei Kagawa,MD, Norimasa Otani,MD, Masayuki Kamide,MD, Pierre-Alain Gisiger,Dipl.Phys., Patrick Eberhard,PhD and John W. Severinghaus,MD.

掲載・発表

Journal of Clinical Monitoring and Computing (2004)18:343-345

20003年

小型耳朶センサーによるPtcCO2とSpo2の同時モニタリング

筆者・演者

慶応大学医学部麻酔学教室;落合亮一  K&Kジャパン代表取締役;久保田博南

掲載・発表

人工呼吸:日本呼吸療法医学会誌 2003年4月第20巻1号

Non Invasive Measurement of Arterial Oxygen Saturation and CO2 Partial Pressure at the Ear Lobe.:Tosca

筆者・演者

T.Principi, P.Pelaia.

掲載・発表

European Society of Intensive Care Medicine (ESICM), 15th Annual Congress, Barcelona, Spain, Oct 2002 and Arab Health, Dubai, UAE, Jan 2003.

Troubles de la ventilation./Storungen der Ventilation.

筆者・演者

K.E.Bloch, E.W.Russi.

掲載・発表

Forum Med Suisse No 4 January 22, 2003

Carbon Dioxide monitoring During high-frequency jet ventilation for rigid bronchoscopy

筆者・演者

T.Principi, S.Pantanetti, D.Elisei, D.Strovegli, S.Gasparini, P.Pelaia.

掲載・発表

ISICEM 2003 inBrussels.April 2003 Critical Care 2003, 7 P159

Steuerung der CO2-Elimination wahrend Hochfrequenz- Jet -Ventilation bei starrer Bronchoskopie mittels transkutaner Messung des CO2-Partialdruckes.

筆者・演者

C.Mannle, F.Herth, H.Becker, K. Wiedemann.

掲載・発表

German Congress of Anaesthesiology(DAK), Munich, Germany, 9-13.4.2003

Evaluation eines kombinierten Sensors zur nicht-invasiven Bestimmung von arterieller Sauerstoffsattigung und CO2-Partialdruck am Ohrlappchen bei anasthesierten Kindern.

筆者・演者

Dullenkopf A, Di Bernardo S, Berger F, Fasnacht M, Gerber A, Weiss M.

掲載・発表

German Congress of Anaesthesiology(DAK), Munich, Germany, 9-13.4.2003

Innovations in mechanicalventilatory support

筆者・演者

Principi T, Pelaia P, Elisei D, Pantanetti S, Strovegli D, Rocchi G, Hamdan M.,

掲載・発表

ESICM in Amsterdam, Netherlands, October 5-8, 2003 067

Transcutaneous PCO2 Monitoring in Critically ill Adults: Clinical Evaluation of a new PCO2-SPO2 Single Sensor.

筆者・演者

Karim Bendjelid, Jacques-A Romand.

掲載・発表

ESICM in Amsterdam, Netherlands, October 5-8, 2003

Validation of a Novel Single Sensor for Transcutaneous Monitoring of Carbon Dioxide Tension and Oxygen Saturation.

筆者・演者

O.Senn, C.F.Clarenbach, V.Kaplan, M.Maggiorini, K.E.Bloch

掲載・発表

American Thoracic Society, Seattle, May 23 , 2003

2002年

Combining Transcutaneous Blood Gas Measurement and Pulse Oximetry.

筆者・演者

Patrick.Eberhard, P.A. Gisiger, J.P. Gardaz and D.R. Spahn.

掲載・発表

Anesth Analg 2002; 94: 76-80

Clinical evaluation of a new miniaturized combined pulse oximetry and carbon dioxide tension sensor.

筆者・演者

M.Burion,J.P.Gardaz, M.Tucci, D.R.Spahn

掲載・発表

Euroanaesthesia 2002, Nice, France April 6-9, 2002. European Journal of Anaesthesiology, Volume 19 Supplement 24,2002

Accuracy of a new combined pulse oximetry and carbon dioxide tension sensor during general anesthesia

筆者・演者

M.Burion, J.P.Gardaz, M.Tucci, Ph.Frascarlo, and D.R.Spahan.

掲載・発表

American Society of Critical Care Anesthesiologists, 15th Annual Meeting, Orlando, Florida, USA, October 11,2002

2001年

OxiCarbo, a single sensor for the non-invasive measurement of arterial oxygen saturation and CO2 partial pressure at the ear lobe

筆者・演者

P.A. Gisiger, J.P. Palma , P.Eberhard

掲載・発表

Sensors and Actuators B 3804(2001):1-4

A heated SpO2-PCO2 single sensor : improvements compared to conventional pulse oximetry and capnometry

筆者・演者

Gisiger P.A., Marschall A, Eberhard P, Mannle C.

掲載・発表

European Society of Intensive Care Medicine (ESICM), 14th Annual Congress Geneva, Switzerland, Sep 30-Oct 3, 2001

2000年

Carbon dioxide elimination during high-frequency jet ventilation for rigid bronchoscopy.

筆者・演者

P.Biro, M.Layer, K.Wiedemann, B.Seifert, D.R.Spahn

掲載・発表

British Journal of Anaesthesia 84(5): 635-7, 2000.

1999年

Clinical Investigation of a new combined pulse oximetry and carbon dioxide tension sensor in adult an anaesthesia

筆者・演者

R.Rohling, P.Biro

掲載・発表

Journal of Clinical Monitoring and Computing 15: 23-27, 1999.

1992年

出血性ショックにおける経皮的ガス分圧モニターの有用性

筆者・演者

京都大学医科大学麻酔学教室
吉岡真実、福井道彦、畑中哲生、梁勉、志摩伸朗、田中義文

掲載・発表

臨床麻酔  Vol41 1992年

カテゴリ
学会展示会レポート
商品レビュー
ユーザーの声
イベントスケジュール
保守点検技術講習会
学会展示会・セミナー
特設コーナー
人工呼吸器PAL(仲間たち)
アンブ蘇生バッグ
赤外観察カメラpde-neo
Respiratory Products
Technical & Safety Tips
シミュレーション・ラボ
海外レポート
特別企画
インテリジェンスサービス
保守点検マニュアル更新のご案内
セミナーDVD・ハンドブック等
呼吸回路図・呼吸回路組立
文献・抄録情報
医療機器関連書籍のご紹介
商品に関する資料のご請求
その他
メールマガジンのご登録
メールマガジンのお問合せ
intへのお問合わせ
サイトマップ
会員制サイト
Neuro モニタリング倶楽部
RTXの広場 [ 休止中 ]
会社情報
アイ・エム・アイ

© 2007 IMI Co., Ltd.