トップページ > 特別企画  

チーム医療の推進と、看護師業務の拡大について ―厚生労働省「第4回チーム医療推進会議」より―

 

近年、多職種連携による医療提供の推進に伴い、医療機関では呼吸ケアチーム(RST:Respiratory Support Team)や

栄養サポートによる、チーム医療への取り組みが加速しています。特に平成22年診療報酬改定(呼吸ケアチーム加算新設)を機に、RSTを発足された施設も多いのではないでしょうか。一方で、RSTを運営、チーム医療を推進していく中で、課題なども見えてきたところではないかと思われます。

今後さらにチーム医療への取り組みが加速されていくなかで、どのような課題があり、また政策としてどのような取り組みがなされているのでしょうか?
厚生労働省の「チーム医療の推進に関する検討会」が、チーム医療の中でも大きな役割を担う看護師について、「特定看護師(仮称)」創設の内容を盛り込んだ報告書を取り纏めてから、間もなく1年。そこで、平成23年1月17日、厚労省にて行われた「第4回チーム医療推進会議」を傍聴して参りました。 2002

 

【会議の議題】

(1)これまでの検討状況についての状況
(2)看護業務検討ワーキンググループの検討状況について

 

会議では、特定看護師(仮称)の創設、看護師の業務拡大についての検討に多くの時間が割かれました。厚労省では、安全で質の高い医療を実現するため、各医療関係職種の専門性を高め、それぞれの役割を拡大し、各職種が互いに連携して、医療を提供する「チーム医療」を推進することを目的として、平成23年予算案として「チーム医療実証事業」を申請し、特定看護師(仮称)等、看護師の業務範囲の拡大を検討するため、医療現場等における業務の効果、安全性、他職種からの評価等を実証するとのことです。 看護師や臨床工学技士等のコメディカルの業務拡大については、これまでも様々な議論がされてきましたが、チーム医療の推進と共に、今後ますます注目されるところです。

■会議資料はこちら

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r98520000010c8w.html

  

弊社では、より安全なチーム医療の推進に取り組んでおられる医療機関をサポートする高機能患者シミュレータを用いたコメディカルスタッフへの教育サービス提供しております。

<教育パッケージ・シナリオ例>

●人工呼吸器安全教育パッケージ

●看護部シナリオ

●薬学部シナリオ

●新人・潜在看護師研修プログラム

この他にも、お客様のご要望に合わせた教育トレーニングシナリオの作成も行っております。

詳しくは、弊社担当者までお問い合わせください。  

http://www.imimed.co.jp/education/program.html

 

 

print もどす   
© 1997 IMI Co., Ltd.