トップページ > 低体温療法Up to date

低体温療法Up to date

低体温療法

低体温療法

第20回日本脳低温療法・体温管理学会 教育セミナー告知

第20回日本脳低温療法・体温管理学会 教育セミナー告知

2017年7月7日~8日に開催される第20回日本脳低温療法・体温管理学会(会長 熊本大学医学部附属病院 救急・総合診療部 教授 笠岡 俊志先生)において、教育セミナーを共催させて頂きますので、ご案内申し上げます。

第19回日本脳低温療法・体温管理学会 併設展示及び共催教育セミナーのご報告

第19回日本脳低温療法・体温管理学会 併設展示及び共催教育セミナーのご報告

2016年7月16日(土)、演者に韓国よりKyu-Num,Park先生を、座長に大阪府三島救命救急センター所長代理の小畑仁司先生をお招きし、「Continuous aEEG Monitoring in Cardiac Arrest Patients Receiving Hypothermia Therapy~脳低温療法実施心停止患者への持続aEEGモニタリング~」と題しご講演を頂きましたのでご報告させて頂きます。

「PCASトレーニング」に参加。低体温療法関連の新刊も登場。

JCS-Ressセミナー「PCASトレーニング」が大阪市立総合医療センターおよび都島センタービルにて開催されました。当日は事前登録された60名を超える受講者(医師:約6割、看護師:約4割)が参加され、受講者には発刊されたばかりのテキスト【「心拍再開後ケアと低体温療法 トレーニング・マニュアル」学樹書院】が配布されました。

アイ・エムアイ intアカデミー「低体温療法看護セミナー」

2015年7月26日(日)、弊社東京顧客サービスセンタ(千代田区)にて、昭和大学病院 救命救急センター 准教授 中村 俊介先生、同救命救急センター 救急看護認定看護師 三浦 まき先生、山本 友依先生を講師にお迎えし、「低体温療法看護セミナー」を開催致します。当セミナーは成人領域(救急・ICU・CCU等)で勤務される看護師様を対象とした内容を予定しています

無事終了いたしました。誠に有難うございました。

第77回日本循環器学会学術集会ファイアサイドセミナー7 / セミナー収録DVDを無償提供

日本循環器学会学術集会

2013年月3月15日(金)、日本循環器学会学術集会にて、弊社共催の“ファイアサイドセミナー7“【Therapeutic Hypothermia and PCI for Cardiac Arrest Patients:心停止患者への低体温療法および緊急PCI】を開催させていただきました。

第77回日本循環器学会学術集会 併設ワークショップ

日本循環器学会学術集会

日本循環器学会蘇生教育小委員会主催のワークショップ【心原性心停止後のケアを学ぶ-低体温療法の導入手法-】が開催されました。ワークショップには、100人以上の先生方が参加され、最初から最後まで、各プレゼンター並びコメンテーターに対する活発な質疑応答が続きました。

第15回日本脳低温療法学会 特別講演のご報告 / セミナー収録DVDを無償提供

arcticsun

2012年月7月6日(金)、北里大学救命救急医学准教授・北原孝雄会長の下、横浜シンポジアにて、第15回日本脳低温療法学会が開催され、弊社は特別講演「Current status and prospects of therapeutic hypothermia for severe head injury and cerebrovascular disease」を後援させていただきました。

低体温療法に特化した体温管理システム ArcticSun5000 新発売

この度、後継機種ArcticSun5000の薬事を取得、本年11月より販売を開始しました。ArcticSun5000は、ArcticSun2000に新たな機能が追加され、更に正確で安全な低体温医療技術の普及に貢献いたします。

「心肺蘇生と救急心血管治療のためのガイドライン」2010年度版における低体温療法

今年10月「心肺蘇生と救急心血管治療のための科学と治療の推奨に関わる国際コンセンサス」(CoSTR)によるガイドライン発表と同時に、AHA(米国心臓協会)、ERC(欧州蘇生協議会)、JRC(日本蘇生協議会)版ガイドラインが発表されました。

高度救命救急センターでの低体温療法

低体温療法に特化した体表冷却装置ArcticSun2000を2007年より取扱い始めてから 約2年。以来、多くの救命救急センターでご使用いただいております。今回、ArcticSunユーザー施設である、横浜市立大学附属市民総合医療センター 高度救命救急センターから、高木俊介先生/田原良雄先生に、ArcticSunに関するユーザーレポートを執筆していただきました。

Kees H.Polderman先生のArctic Circle

ユトレヒト大学メディカルセンター集中治療部准教授兼シニアコンサルタントPolderman先生が解説する「体温測定部位について:テクニカルな及び測定における諸問題」をご紹介します。

突然心停止後の低体温

THE HYPOTHERMIA AFTER CARDIAC ARREST STUDY GROUP 発表 の”突然心停止後の低体温”をご紹介します。

低体温療法

[トピック] 低体温に関する文献のレビュー/新しい2005AHAガイドラインプロトコル進歩の構成要素とプログラムの開始/冷却方法

教育セミナー直前情報 Kees Hugo Polderman,MD のご紹介と講演内容

2009年2月26日(木) 第36回 日本集中治療医学会学術集会
教育セミナー「低体温療法中の患者管理 - 実際面、副作用、冷却方法」でご講演頂きますPolderman先生とその講演内容をご紹介いたします。

無事終了いたしました。誠に有難うございました。

アークティックサンに関するQ&A集 (後編)

弊社取り扱いの体温コントロールユニット・アークティックサンに寄せられる質問にお答えする「Q&A集(後編)」をお送りします。

アークティックサンに関するQ&A集 (前編)

弊社取り扱いの体温コントロールユニット・アークティックサンに寄せられる質問にお答えする「Q&A集(前編)」をお送りします。

▲ ページ上部へ戻る

カテゴリ
学会展示会レポート
商品レビュー
ユーザーの声
海外レポート
特別企画
特設コーナー
アンブ蘇生バッグ
赤外観察カメラpde-neo
人工呼吸器PAL(仲間たち)
低体温療法UpToDate
Respiratory Products
Technical & Safety Tips
シミュレーション・ラボ
インテリジェンスサービス
保守点検マニュアル更新
呼吸回路図/呼吸回路組立
文献・抄録情報
セミナーDVDのご案内
医療機器関連書籍のご紹介
商品に関する資料のご請求
イベント
技術講習会スケジュール
学会・展示会スケジュール
その他
メールマガジンのご登録
メールマガジンのお問合せ
intへのお問合わせ
サイトマップ

会員制サイト
RTXの広場
Neuro モニタリング倶楽部
  (NicoletOne倶楽部)
会社情報
アイ・エム・アイ

Copyright © 2017 アイエムアイ(株). 医療従事者向け情報マガジン イント http://imimed.jp