TOP  > 低体温療法UpToDate  > 詳細 次のページ>>

アークティックサンに関するQ&A集(前編)

【ArcticGel PADS 熱伝導パッド】 

熱伝導パッド熱伝導パッドでは熱伝導に優れたハイドロゲル層、フィルム層、断熱性に優れたフォーム層の3層構造。水に直接触れることなく装着部位をむらなく冷却します。

 

 

 

 

質問 4つの熱伝導パッドをすべて使用すべきですか?

答え パッドサイズ表で患者さんのサイズに合った熱伝導パッドを貼り付けてください。体表面積(BSA)の約40%を少なくとも4つの熱伝導パッドで覆うことが必要です。

 

 

質問 患者さんの四肢(一部)が切断されている大腿切断(AKA)のような場合、4枚の熱伝導パッドを使用する必要はありますか?
答え 患者さんの四肢の一部がない場合、その失われた分だけ全体の体表面積が少なくなります。利用できる体表面積の40%は被覆してください。

 

 

質問 なぜ5日毎に熱伝導パッドを交換しないといけないのですか?

答え ハイドロゲルに含まれる水分が熱伝導パッドの皮膚への密着性及び熱伝導率に影響するゆえ、患者さんの体温調節能力にも影響を与えます。熱伝導パッドに湿り気があり、密着していることを定期的にチェックしてください。ハイドロゲルが皮膚に均一に密着しなくなったら、熱伝導パッドを交換してください。このため少なくとも5日毎に交換してください。

 

質問 違う患者さんに熱伝導パッドを再使用できますか?

答え 常にシングルペイシェントユースで使用してください。

 

質問 熱伝導パッドを装着する前に患者さんを清拭する必要はありますか?

答え いいえ。しかし熱伝導パッドは清潔で乾燥し、傷の無い部位に装着してください。皮膚が乾燥していない場合、ハイドロゲルが皮膚から水分を吸い、密着性が損なわれます。

 

質問 患者さんを清拭するために熱伝導パッドを毎日取り外す必要がありますか?

答え ハイドロゲルは生理的にバランスのとれた環境を提供するため、毎日清拭する必要はありません。定期的な看護で熱伝導パッド下の皮膚を観察する必要があります。

 

質問 もろい皮膚(皮膚裂傷、腹水、浮腫)に熱伝導パッドを貼るときはどうでしょうか?

答え 傷のない皮膚に熱伝導パッドを貼る事が重要です。
ハイドロゲルは生物学的適合性があり、製造元が推奨する方法で使用すれば、毛や皮膚が引っ張られるようなことはありません。
ハイドロゲルはクリーンですが、滅菌されてはいません。このため、傷の上には貼らないでください。 ・熱伝導パッドを貼っている皮膚の状態を頻繁に(4~6時間毎に)チェックすることが重要です。

 

質問 熱伝導パッドは除細動パッドを装着する際に邪魔になる事はないでしょうか? 
答え 体表面積の一部がペースメーカーのパッド等で使われますが、看護の際に問題とならないように注意してください。
常に電極パッドは患者さんの皮膚に直接貼り付け、熱伝導パッドはその上から貼り付けてください。 

 

質問 もし、患者さんが汗をかいている場合は?
答え 熱伝導パッドは皮膚から損失した水分を吸収する事ができます。 熱伝導パッド内を冷却水が流れる事で発汗を最小限にします。 熱伝導パッドを装着する前に、患者さんの体を乾燥させている事が重要です。

 

質問 ドレーンチューブや胃チューブ(Gastric-Tube)を使用する際は?
答え チューブ挿入部分(ドレッシング部分含む)に熱伝導パッドが触れないようにするため、熱伝導パッドの白い保護シートは張り付けたまま、熱伝導パッドを折り返して貼り付けてください。

 

質問 腹部を切開(腹部手術後など)された患者さんに対しては?
答え 切開部位から離すように熱伝導パッドを折り曲げて使用してください。 熱伝導パッドは必ず傷の無い皮膚に貼るように注意してください。 

 

 

質問 患者さんが失禁(大便を含)するような場合は?

答え 熱伝導パッドの外側が汚れた場合は、石鹸や水で汚れを落とすことができます。 熱伝導パッドの内部(ハイドロゲル部分)が汚れた場合は、熱伝導パッドの交換が必要です。

 

 

質問 ラテックスフリーですか?

答え 熱伝導パッド及びArcticSun本体共にラテックスフリーです。

 

 

 


print もどす 1 / 2  
Copyright © 2017 アイエムアイ(株). 医療従事者向け情報マガジン イント http://imimed.jp