TOP  > 低体温療法UpToDate  > 突然心停止後の低体温  1 / 2 / 3 / 4  

突然心停止後の低体温

”突然心停止後の低体温”のポイントを、 THE HYPOTHERMIA AFTER CARDIAC ARREST STUDY GROUP
(HACA)発表内容をまじえて、ご説明いたします。

 

突然心停止: (SCA) インシデント突然の心肺停止
  • 突然心停止 米国 300,000 ~ 500,000人/年、ヨーロッパ 約350,000人/年
  • 突然心停止の世界的な発生率は1.28件/1,000人 (ほぼ五百万人)
  • 突然心停止の生存率はAEDの広範な公的利用により、地域によっては倍となっている。
        • 誰が助かっているか?  (Utsteinの定義)
          - 生存率  約 5%
          - 目撃者があった心室細動(VF) 15~35%

 

突然の心停止後の低体温療法エビデンス

 

jornal

 

THE HYPOTHERMIA AFTER CARDIAC ARREST STUDY GROUP(HACA) 発表内容について

HACA Study: 内容

  • 心停止後5~15分以内にCPR。
  • 心室性頻拍 (VT)、あるいは心室細動(VF)が推定された。
  • 倒れてから60分以内に心拍再開。
  • 275人の患者が低体温グループと通常体温グループにランダムに分けられた。
  • 24時間に渡り、32~34ºCに冷やされた。

 

 

ssdada

 

HACA Study: 結果

  • 低体温グループ患者における心停止後6ケ月以内における神経学的予後が有効なのは、136人中75人で、通常体温グル ープでは137人中54人であった。
  • 低体温グループでは55%が有効な予後であったが、通常体温グループでは 39%であった。

 

(素材資料提供:Medivance社)


print もどすpdf 次のページ>>
Copyright © 2017 アイエムアイ(株). 医療従事者向け情報マガジン イント http://imimed.jp