TOP  > 低体温療法UpToDate  >横浜市立大学附属市民総合医療センター 高度救命救急センターでの低体温療法 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7  

横浜市立大学附属市民総合医療センター 高度救命救急センターでの低体温療法

  

はじめに…

弊社は体温管理装置として、長年米国Gaymar社製メディサーム(ブランケット型)を取り扱っており、周術期における体温管理をはじめ、救急・集中治療領域での低体温療法での体温管理装置としても多くのご施設でご使用いただいてきました。

 

低体温療法*につきましては、2002年 NEJM(The New England Journal of Medicine:HACA study, Bernard study)の報告、その後のAHA Guideline 2005における蘇生後のサポートとして推奨されているのは周知の通りです。また、2006年4月には心肺蘇生後の患者さんに対する低体温療法が保険適用となっており、近年、心肺蘇生後症候群(Post Cardiac Arrest Syndrome;P-CAS)に対する低体温療法が積極的に行われるようになってきました。

 

横浜市立大学附属病院同じ体温管理装置でも、低体温療法に特化した体表冷却装置:米国Medivance社製ArcticSun2000(以下ArcticSun)を2007年より取扱い始めてから約2年。以来、大学病院を中心とする多くの救命救急センターでご使用いただいております。

 

今回、ArcticSunユーザー施設である、横浜市立大学附属市民総合医療センター 高度救命救急センターから、高木俊介先生/田原良雄先生に、ArcticSunに関するユーザーレポートを執筆していただきました。是非ご一読いただきたく思います。

 

(OR/CC部 西川一平)

 

横浜市立大学附属市民総合医療センター http://www.urahp.yokohama-cu.ac.jp/

同病院 高度救命救急センター http://www.urahp.yokohama-cu.ac.jp/kyumei99/index.html

 

*低体温療法 ・・・
本稿では一部、脳低温療法という言葉を使用していますが、基本的には日本版救急蘇生ガイドラインの表記と合わせ、
「低体温療法」と記載します。

 

print もどす pdf 次のページ>>
Copyright © 2017 アイエムアイ(株). 医療従事者向け情報マガジン イント http://imimed.jp