TOP  > 低体温療法UpToDate  > アイ・エムアイ intアカデミー 低体温療法看護セミナー

アイ・エムアイ intアカデミー 低体温療法看護セミナー

2015年7月26日(日)、弊社東京顧客サービスセンタ(千代田区)にて、昭和大学病院 救命救急センター 准教授 中村 俊介先生、
同救命救急センター 救急看護認定看護師 三浦 まき先生、山本 友依先生を講師にお迎えし、「低体温療法看護セミナー」を開催致します。当セミナーは成人領域(救急・ICU・CCU等)で勤務される看護師様を対象とした内容を予定しています。定員100名に達し次第、申込受付は終了となります。

受講をご希望の方は、下記の内容をご確認いただき「お申込みはこちら」ボタンからお申込みください。

また、セミナー内容は、内容の充実を目的に一部変更させていただく場合がございます。予めご了承ください。

セミナー参加の可否、プログラムにつきましては、お申込みより一週間以内に、弊社よりメールをお送りしますのでご確認ください。

 

セミナー概要

日時: 2015年7月26日(日) 13:00-17:00

会場: アイ・エム・アイ東京顧客サービスセンタ (東京都千代田区三番町1-5 石油保健健康組合ビル3F)

対象: 看護師向け (成人領域:救急・ICU・CCU等)

定員: 100名様 (各施設から4名様まで)

費用: 4,000円(税込) 当日会場にてお支払いください。

講師:  昭和大学病院 救命救急センター 准教授 中村 俊介先生
     同救命救急センター 救急看護認定看護師 三浦 まき先生、山本 友依先生

セミナー内容
(一部内容を変更する場合がございます)
低体温療法の基礎知識

低体温療法の歴史、対象となる病態について、また低体温療法の有効性やガイドラインにおける位置付け、TTM(Targeted Temperature Management)、合併症について理解を深めましょう。

低体温療法の実際

心停止後症候群の症例を掲示しつつ、低体温療法の導入・維持・復温・平熱管理の各時期における注意点について解説します。

低体温療法中のアセスメント&ケア

低体温療法中の各時期における生体反応と合併症、フィジカルアセスメントと看護のポイントを解説します。

体温管理装置 ハンズオン

体温管理装置の特徴を知り、今までの疑問を解決!! 次回の治療に役立てましょう。

 

定員に達したため、募集を締切りました。

たくさんのご応募ありがとうございました。

 

 

 

アイ・エム・アイ東京顧客サービスセンタ

東京都千代田区三番町1-5  石油保健健康組合ビル3F  TEL 03-6261-4240

東京メトロ・半蔵門線 半蔵門駅5番出口より 徒歩6分

 

皆さまのお越しをお待ちしております。

 

print もどす

関連一覧

Copyright © 2017 アイエムアイ(株). 医療従事者向け情報マガジン イント http://imimed.jp