トップページ > Technical & Safety Tips > 記事 1 / 2  

人工呼吸器トラブルのコラム

人工呼吸器トラブル対策について ~電源電圧異常例~

人工呼吸器のトラブル原因は大きく分けて機器側の問題と使用上の問題の2つに分類されます。機器側の問題について、その機器の設計、製造上などの根本的な要因を除いた場合、多くは「故障」ということになります。主には、初期故障、偶発故障、劣化故障などです。一方で、使用上の問題としては、適切な使用がされずに発生した問題、つまり、誤使用、不正使用、環境未整備が挙げられます。日常点検や保守点検の未実施が原因による故障、ノイズなどの外的要因による故障なども含まれます。

故障を未然に防ぐには?

医療機器の開発・設計において、安全性の向上が図られる一方で、特に近年の医療機器は多機能化、小型化により精密化が進んでいます。これに伴い、多くの電子基盤、電子素子、センサ類を搭載し、故障リスクは益々高まっていると言えるでしょう。そこで、如何にして故障のリスクを引き下げるか?如何にして故障の可能性をゼロに近付けるか?その最も有効で重要なことは、定められた点検を確実に実施すること、またその機器を使用する環境を整える事です。

 

1)保守点検について

人工呼吸器をはじめとした機器の保守点検は、平成19年4月1日施行の医療法等の一部を改正する法律、関連通知に改めて示されたとおりで、添付文書の記載に基づき実施が必要です。そして、これらの実施については医療機関の責務として定められています。
機器の故障を未然に防ぐため、故障をいち早く検知するには、半年あるいは1年毎に実施するいわゆる定期点検が必要不可欠であり、更には実際に臨床現場で行われる使用前、使用中、使用後の点検が重要なのです。

 

2)環境整備について

人工呼吸器における環境とは、代表的なところでは電源、酸素及び圧縮空気、塵埃の状態、周 辺の電波などが挙げられます。これらは、機器の作動停止、作動不良、誤作動などの故障を引き起こす要因になり得ると考えられます。仮に故障しない場合で も、このような環境が適切でない場合には、機器に負荷をかけ続ける事となり、劣化を早めることが予測されます。 故障の原因となる環境異常の代表的なものとして、電源異常が挙げられます。これについて医療機器側の規格として「JIS T0601-1」があり、電源電圧仕様100V±10%以内の電源変動環境下において動作する事を求められており、認可された医療機器はこれを満たしてい ます。つまり、医療機器を使用するためには、院内の電源が100V±10%で安定している事が前提であると言えるでしょう。

 

人工呼吸器における環境とは、代表的なところでは電源、酸素及び圧縮空気、塵埃の状態、周  辺の電波などが挙げられます

 

 


print もどす pdf 次のページ>>      
Copyright © 2017 アイエムアイ(株). 医療従事者向け情報マガジン イント http://imimed.jp