トップページ  / ユーザーの声 /ディスポーザブルバッグ・バルブ・マスクを医療安全管理の一助に1 / 2

ディスポーザブルバッグ・バルブ・マスクを医療安全管理の一助に

ディスポーザブルバッグ・バルブ・マスクを医療安全管理の一助に

 

 

今、医療安全は医療機関にとって最も関心の高い課題の一つです。バッグ・バルブ・マスク(BVM)でも組み立て間違いや動作チェックの不備によるインシデントが報告されており、厚生労働省(1)、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)(2)、公益財団法人日本医療機能評価機構(JCQHC)(3)からもBVMに関する安全情報が出されています。

今回はディスポーザブルBVM採用による医療安全対策をされている、奈良県総合医療センターの木下久美子医療安全推進室副室長と、実際に現場で運用されている黒田和子病棟師長のお二人にお話しを伺いました。

 

(1)

医薬品・医療機器等安全性情報 No.301、平成25年(2013年)

5月、厚生労働省医薬食品局
(2)

PMDA医療安全情報 N0.38 2013年5月、

独立行政法人医薬品医療機器総合機構 医療安全情報室
(3)

医療事故情報収集等事業 医療安全情報No.74 2013年1月、

公益財団法事日本医療機能評価機構 医療事故防止事業部

 

 プロフィール

木下久美子医療安全推進室副室長

平成12年4月1日  旧奈良県立奈良病院勤務

平成25年4月1日  医療安全推進室副室長就任


 

地方独立行政法人 奈良県立病院機構 奈良県総合医療センター

概要 

診療科 21科
病床数 430床(一般病床400床(うちNICU9床)、
救命救急センター30床(ICU8床、HCU22床))

臨床研修病院、救命救急センター(三次救急)、地域周産期母子医療センター、地域がん診療連携拠点病院、 災害拠点病院、へき地医療拠点病院、地域医療支援病院
沿革 

昭和39年4月1日  奈良県立医科大学附属奈良病院として診療を開始
昭和50年4月1日  奈良県立奈良病院に移管
昭和52年10月8日 現在地に移転、外来診療を開始
昭和57年9月24日 救命救急センター診療開始
平成22年4月1日  医療安全推進室開設
平成24年4月1日  救急科、救急外来を開設

平成26年4月1日  地方独立行政法人奈良県立病院機構 奈良県総合医療センターに改組

(奈良県立奈良病院年報2013、奈良県総合医療センターホームページより抜粋)

 

 

 

「ディスポーザブルバッグ・バルブ・マスクを医療安全管理の一助に」はこちら

 

print もどす 次のページ>>

関連一覧

Copyright © 2017 アイエムアイ(株). 医療従事者向け情報マガジン イント http://imimed.jp