トップページ  / ユーザーの声 / インプレッション 小谷透先生インタビュー 1 / 2 / 3 / 4 / 5

インプレッション  小谷透先生インタビュー

(聞き手=IMI) RTXの第一印象は如何でしたでしょうか?

(小谷先生) 理論は悪くないというのは判るんですが、見てくれ....。
プラスチックなカバーと手作りのホースと。割とプリミティブなプログラムで動いているような。
「うんー、これで効果があるのかな?」という印象が一番強いですね。 臨床データを見させて頂いて「そこそこ効くんだろうな」というのが、もう一つですね。
僕としては、ずっと呼吸管理で肺損傷をやってきたので、「陽圧換気というのがいかに良くないか」「いかに自発呼吸が良いか」が身に染みて分かっていたので、RTXを、とにかく一回使ってみたい。それが特殊な環境でしか使えないのか、割とイージーに使えるのか、イージーに使える特別な疾患があるのか、難し い状態でも普通だったら効果がないような疾患でもRTXを使うことで通常換気を凌駕する、通常換気をものすごくサポートするような分野があるのか、という のが興味を持ったところですね。

 

(聞き手) RTXの前(昔の体外式人工呼吸器)のチェストレスピレータや鉄の肺といったものは、ご覧になられたことはありますか?
(小谷先生) さすがに知らないですね。鉄の肺モドキのようなものを一度大学の倉庫で見かけましたが。装着するのにすごく大変なものというのは、一般の臨床には向かない んですよ。
どんなに理論が良くても。少なくとも私の周りにあった体外式の器械は、使ってみる気にならないぐらい操作が面倒くさそうでした。

 

(聞き手) RTXを使用するに至った経緯をお聞かせ下さい。
(小谷先生) 一番興味があったのは高頻度換気・振動です。
まだジェットベンチレータがあった頃に、ジェットを呼気側に乗せて、肺に入れるというよりは回路内のガスを全 体的に揺らすといった形で使っている時期があって、効果がある患者さんも中にはいたわけですね。救命までは辿りつけなくても。RTXが起こす振動は、 HFOほどHigh Frequencyではないですけども、そこそこ揺れるので、勿論興味があった。

留学中に、RTXと違うタイプのベストを使っての実験を手伝ったことがあって、その時にも体外式の振動で、ある種の呼吸不全モデルは改善するんですね。少 なくとも急性期は乗り切れると判っていたので、一番最初は振動換気がどれくらい効果があるのか。正直、小児でやっているようなコントロールベンチレーショ ンだとか、あるいは今の通常型の人工呼吸器に併用するとか、自発呼吸に同期させて最初からできるとは思わなかったんです。むしろ振動換気を旨く取り入れる ことで、今のベンチレータの限界を超えられるかどうかに一番興味があったんです。

 

print もどす pdf 次のページ>>
Copyright © 2017 アイエムアイ(株). 医療従事者向け情報マガジン イント http://imimed.jp