トップページ  / ユーザーの声 / IMIのレンタルサービスを利用するメリットについて 1 / 2 / 3

『 IMIのレンタルサービスを利用するメリットについて 』 神鋼加古川病院ME室 尹成哲 先生 インタビュー

【インタビュー内容】

神鋼加古川病院 ME室 尹成哲 先生 心臓血管外科の立ち上げ、ICUの新設に伴い2005年8月、兵庫医科大学より神鋼加古川病院に着任。患者さんが倍増する中で、レンタル器を全て最新機種のVELAに一気に更新、稼働率の向上、レンタル台数・コストの削減、患者さんや病院にとって安全・安心・安定した機械の提供、NPPVの活用などに積極的に取り組まれています。インタビューでは、コスト・機種統一・最新機能の活用といったレンタルに対するトータルな考え方をお伺いしました。 

インタビュー

先生(聞き手) 兵庫医大から神鋼加古川病院に移られた際の印象をお聞かせください。

先生) 2005年8月に神鋼加古川病院に来ました。病床数198床ですが循環器を主体とした急性期病院ということで、非常に忙しいとう印象でした。それまで臨床工学技士がこの病院にはいませんでしたので、私が最初という事になります。それまでME機器の管理は病棟ごとに行われおり、特に人工呼吸器はIMI社の CV5000が12台レンタル(通年レンタル)されている状況でした。病床数の割りに呼吸器の台数が多く、レンタルなのに使用していない機器が多数あったり、また、すべてディスポーザブル回路で組み立ては看護師が行っていましたが、ちょっとでも呼吸器の点検がおかしいと回路を捨てて、すぐに新しい回路を使用するという、IMIさんちょっと儲けすぎかな?っという感じでした。(笑)

 

(聞き手) レンタル器をVELAに変え、台数を少なくすることを考えた際の状況についてお聞かせください。

先生) 2006年より心臓血管外科を立ち上げ、ICUも新設された時期でもあり、それが神鋼加古川病院に来た理由でもありました。心臓血管外科やICUができるのですが、人工呼吸器が少しプアーな気がしていましたので、思い切ってICU用に数台だけでも病院に新しい人工呼吸器の購入をお願いしました。その時に過去のレンタル台数からレンタル料を算出し、また稼働率を求め、今後5年、10年にかかるレンタル料などを試算し、事務部門に提出し、購入のほうが断然安いことも説明しました。12台レンタルで10年間で約1億3千万円もの金額となったのです。まさに ($・・)/~~~の数字でした(笑)。

 

しかし病院は、機種統一という方針もあり、購入はできない(予算を改めて立てることが大変??)とし、レンタルで対応してくれと言われました。そこで、レンタルのメリットを逆手にとって?CV5000をすべて当時最新の機種であったVELAコンプリに変更・統一するよう病院に働きかけました。無駄なレンタル器も多かったことと、周囲も「機器管理は臨床工学技士さんで」という雰囲気もありましたので、思いっきりやろうと思い、VELAに変更後は通年レンタルを8台まで減らし、その分足りない機器は月額レンタルで出し入れ(=過剰な時はIMIへ返却)することにしました。  

 

(聞き手) レンタル器を減らすためにどのような対応されたのでしょうか?

先生) まずは1台あたりのレンタル料金は非常に高額であるということを徹底的に周知しました。また、12台ものレンタルではいかに稼働率が低く、無駄であるか を、診療請求から人工呼吸器の使用データを吸い上げ、表やグラフにし各部署に説明をしました。また心臓血管外科が新設されましたので人工呼吸器装着患者は 激増することが予想されました。 実質は呼吸器装着患者の上方修正ですが、通年レンタル8台+α(月額レンタル)で対応するということで、呼吸器1台当たりのレンタル料の単価は上がります が(最新機種のため)、Totalで台数を減らすことによりコストメリットも出せると考えました。

 

患者数推移 VELAによる通年レンタルを開始したことで、05年では稼働率37.5%であったものが、06年では43.8%へと6.3%改善しました。しかし06年 は、臨床工学部門が機能して間もないこともあり、「機器が不足したら!?」や「夜間の急変時が心配!」と言った不安を払拭できず、ICUに3台、各病棟に1台ずつの計6台程度を予備器として置くような状況でした。 稼働率以外の当院のデータとして、1日当たり最大の人工呼吸器装着台数は3台であったので、実際は院内に3台の予備あれば足りることとなります。また 198床とそれほど大きくない院内ですので、病棟で急変があったとしても中央管理(ICU)の1カ所に人工呼吸器を取りにくる体制にしたかったのが本音で す(笑)

 

しかし、普段(不断?)の努力の結果か!徐々に中央管理のみで対応できるようになり、07年には稼働率51.1%となりました。また人工呼吸器装着患者数 は05年と比べ倍になったにもかかわらず、レンタル平均台数は9.9台となりました。以前の12台から比べると2台も減らすことができました。これは院内 においても十分納得してもらえるデータであったと思います。

 

07 人工呼吸器稼働率

 

 

 

print もどす pdf 次のページ>>
Copyright © 2017 アイエムアイ(株). 医療従事者向け情報マガジン イント http://imimed.jp