トップページ  / ユーザーの声 / スマートケアを使用した手術時加温方法の紹介 INDEX / 1 / 2 / 3 / 4 / 5

スマートケアを使用した手術時加温方法の紹介

はじめに

 

周術期は、全身麻酔と手術の影響で、全身から熱の喪失、熱生産の低下、体温調節機構の反応低下により、中枢温が低下(術後低体温)することで患者さんの回復に思わぬ悪影響を及ぼします。

体温管理テキストブック

術中の低体温を防止する手段の一つとして、手術室において様々な加温装置をご使用されていることと思います。弊社では長年に渡り、周術期体温管理装置としてウォーターブランケット型高・低体温維持装置:メディサーム3(米国GAYMAR社製)を始め、温風式加温装置:サーマケア(同社製)、血液・輸液加温装置:メディテンプ3(同社製)、カーボンファイバー式加温装置:スマートケア(独国Geratherm社製)を取扱っております。特に同じ加温装置でも、水や空気を使用しない、カーボンファイバー加温によるスマートケアは温風式加温装置と同等の加温効果*1があることから、現在多くの手術室でご使用いただいております。

スマートケア

 

今回、スマートケアユーザーである長野県立総合リハビリテーションセンター 手術室看護師、大久保貴弘様にスマートケアに関するユーザーレポートを執筆していただきました。スマートケアを利用した加温方法について紹介されております。是非ご一読いただきたく思います。

 

[ 写真:カーボンファイバー式加温装置スマートケア (独国Geratherm社製) ]

 

*1麻酔2003;52:636-641

(OR/CC部 西川一平)

次のページ

print もどす pdf 次のページ>>  
Copyright © 2017 アイエムアイ(株). 医療従事者向け情報マガジン イント http://imimed.jp