トップページ  / ユーザーの声 /重症心身障害児・者や神経筋疾患の患者様に対するBCVの有用性1 / 2 / 3

重症心身障害児・者や神経筋疾患の患者様に対するBCVの有用性

重症心身障害児・者や神経筋疾患の患者様に対するBCVの有用性

 

秋田県立医療療育センターは、あきた総合支援エリアかがやきの丘にあり、子どもの発達への幅広い支援、障害児・者に応じたきめ細かな療育、地域の機関と連携した療育など、家族を含めた総合的な支援を行っている施設です。今回は、小児科医長 豊野美幸先生に重症心身障害児・者や神経筋疾患の患者様に対するBCVの有用性について、お話しを伺いました。

 

秋田県立医療療育センター 沿革

昭和34年4月 秋田県太平療育園開設
昭和58年4月 秋田県小児療育センター開設
平成17年10月 「秋田県こども総合支援エリア(仮称)基本構想案」
平成22年4月 あきた総合支援エリア「かがやきの丘」に県立聾学校、盲学校、きらり支援学校(肢体不自由・病弱特別支援学校)とともに秋田県立医療療育センター開設

秋田県立医療療育センター ホームページ

http://www.airc.or.jp/index.html

 

小児科 医長 豊野 美幸先生 御略歴

平成5年3月 秋田大学医学部医学科卒業 豊野 美幸先生
平成5年4月~ 秋田大学医学部附属病院 小児科
平成6年4月~ 山本組合総合病院
平成7年4月~ 平鹿総合病院
平成8年10月~ 秋田大学医学部附属病院 小児科
平成9年4月~ 東京女子医科大学 小児科
平成11年5月~ 秋田県小児療育センター
平成20年7月~ 秋田大学医学部附属病院 小児科
平成24年4月~ 秋田県立医療療育センター

 

 

 

 

「重症心身障害児・者や神経筋疾患の患者様に対するBCVの有用性」はこちら

 

print もどす 次のページ>>

関連一覧

Copyright © 2017 アイエムアイ(株). 医療従事者向け情報マガジン イント http://imimed.jp