トップページ  / 特別企画 / 「臨床脳波」2010年5月号 ニコレーワンを使用したaEEG文献  

「臨床脳波」2010年5月号 脳低温、脳波に関連する文献が掲載

臨床脳波「臨床脳波」2010年5月号 脳低温、脳波に関連する文献が掲載されましたのでご紹介します。

 

掲載内容

「新生児におけるamplitude-integrated EEGの有用性」

愛知県心身障害者コロニー中央病院小児神経科 鈴木基正先生

aEEGは新生児発作のモニタリングや低酸素性虚血性脳症における背景脳波活動の評価に特に優れている。

 

「新生児脳低温療法と脳機能モニタリング」

埼玉小児医療センター未熟児新生児科 田辺行敏先生・清水正樹先生

新生児領域でaEEGを用いベッドサイドで連続的に脳機能をモニタし、評価ができる。HIEではエコーによる脳内血流状態のモニタリングが脳温測定と同様に重要。脳組織が低酸素下におかれると神経細胞障害さ進行するため脳低温療法中はNIRSによる脳組織酸素飽和度のモニタリングが有用。

 

■ 医薬学書出版 永井書店HPはこちら   http://www.nagaishoten.co.jp/

 

 

print もどす  

関連一覧

© 1997 IMI Co., Ltd.