トップページ > 特別企画

特別企画

PICU人工呼吸管理プロトコール

掲載:2009年 / 更新:2018年5月 / 文責:レスピラトリ・ケア部

原典:”PICU Ventilator Management Protocol”

Duke University Hospital Department of Respiratory Care Services Pediatric Intensive Care

2017年の注目記事は?int記事ランキング

掲載:2018年2月 / 文責:顧客サービス推進部

本記事では2017年を振り返り、本サイトのアクセス数からランキングが急上昇した注目記事と年間を通じてアクセス数が高かった記事をご紹介させていただきます。

東日本大震災後の被災地復興レポート

掲載:2012年~2016年3月 /文責:仙台顧客サービスセンタ

大きく長い揺れ、直ぐに起きた大規模停電及び信号のマヒによる大渋滞、高速道路は通行止めになり、一般道路も至るところに陥没や亀裂が走りました。その後しばらく続いた不自由な生活、そして何より10,000人を優に超える犠牲者が出た東日本大震災が発生してから、5年経過します。

瞳孔記録計NPi-100関連文献のご紹介

「Infrared pupillometry.Basic principles and their application in the non-invasive monitoring of neurocritical patients」(赤外線瞳孔計測。基本概念とNeurocritical患者の非侵襲性モニタリングの試み)の海外文献を日本語でご紹介させていただきます。

HFOV海外文献のご紹介

「Late Outcomes of a Randomized Trial of High-Frequency Oscillation in Neonates」(新生児に対する高頻度振動換気法に関する無作為化試験の後期転帰)の海外文献を日本語でご紹介させていただきます。

アンブ蘇生バッグ簡易取扱説明動画 洗浄・消毒・滅菌の分解、組み立て、作動点検

蘇生バッグはその構造上、組み立て方法を一部でも誤ると、適切に換気ができなくなる可能性があります。アンブ蘇生バッグマークⅣ、シリコン製オーバルなど再利用型蘇生バッグをご利用いただいていますお客様に洗浄・消毒・滅菌のための分解、組み立て、作動点検手順の動画を公開しました。ご活用いただけましたら幸いです。

ヘリウム・酸素混合ガスの有用性 人工呼吸器アヴェアを用いた動物実験による検証

成人に比べ解剖学的に細い気道を持ち、内径2.0mmからととても細い気管チューブを使用する新生児におけるヘリウムの効果はどのようなものか、そのような視点から、この度、動物実験によるアヴェアを使用したヘリウム・酸素混合ガスの効果を検証し、その結果を第14回新生児呼吸療法モニタリングフォーラムにて発表しましたのでその内容をご紹介いたします。

アンブ ディスポーザブル蘇生バッグ~採用が増加している、その理由とは?~

ディスポーザブルタイプの蘇生バッグをご採用いただく医療機関が増加しています。弊社で販売しておりますアンブ蘇生バッグでも、リユーザブル蘇生バッグとディスポーザブルタイプの蘇生バッグの販売数比率はここ10年で逆転しています。

「臨床脳波」5月号 脳低温、脳波に関連する文献が掲載

「臨床脳波」5月号 脳低温、脳波に関連する文献が掲載文献が掲載されました。また、第46回 日本周産期・新生児医学会 教育セミナーにおいて「新生児脳低温療法の新戦略」と題した教育セミナーが開催されます。

新型H1N1ウイルスを持った患者に対するHFOV

インフルエンザAウイルスは新しいものではなく、実際のところ人間にとって最も一般的なウイルスである。H1N1菌株もまた極めて一般的であり、人間において常在流行しているものもある。最も有名なH1N1の爆発的な流行は1918年のスペイン風邪である。

脳波測定の新トレンド aEEGとは何か

新生児脳波測定の新たな基準となりつつある『aEEG』が 日本でも広がりつつある中、第45回日本周産期・新生児医学会学術集会(7/12-14)『Amplitude intergrated EEG monitoring in Neonatal Intensive Care-Current State of Art』セミナーが開催されました。この新生児脳波測定の新しい脳波トレンド『aEEG』とは何かを 教育セミナーに基づいてご紹介させて頂きます

デューク大学 ICU人工呼吸器プロトコール

Duke University Hospitalはアメリカ合衆国、ノースカロライナ州にある大学附属病院です。このデューク大学ICUにおける人工呼吸管理方法をご紹介します。

The Ambu Story 「アンブ社の歴史」

Holger Hesse技士とHenning Ruben教授と出会いによって、self inflating方式の蘇生バッグが生まれました。以来、数多くの改良が加えられ、世界中の救急現場で活躍する蘇生バッグ。アンブ蘇生バッグの50年は、蘇生バッグの歴史そのもの。蘇生バッグの誕生までのストーリーをご紹介いたします。

Helioxの治療上の利点と臨床的な問題点について

Helioxとはヘリウムと酸素の混合ガスです。実はHelioxは気道抵抗の高い患者様に対して低い気道内圧で換気がおこなえるという利点を持っています。ヘリウムは分子量が小さい単原子分子であり、窒素の2倍のスピードで気道を通過できる特性を持っています。この特性を人工呼吸に生かすと、COPDのように気道抵抗の高い患者様でも、通常のガス(エアーと酸素)を使用するよりもより低い気道内圧で換気をおこなうことが可能なのです。

カテゴリ
学会展示会レポート
商品レビュー
ユーザーの声
イベントスケジュール
保守点検技術講習会
学会展示会・セミナー
会員制サイト
RTXの広場 [ 休止中 ]
Neuro モニタリング倶楽部
特設コーナー
人工呼吸器PAL(仲間たち)
体温管理 UpToDate
アンブ蘇生バッグ
赤外観察カメラpde-neo
Respiratory Products
Technical & Safety Tips
シミュレーション・ラボ
海外レポート
特別企画
インテリジェンスサービス
保守点検マニュアル更新のご案内
セミナーDVD・ハンドブック等
呼吸回路図・呼吸回路組立
文献・抄録情報
医療機器関連書籍のご紹介
商品に関する資料のご請求
その他
メールマガジンのご登録
メールマガジンのお問合せ
intへのお問合わせ
サイトマップ
会社情報
アイ・エム・アイ

© 2007 IMI Co., Ltd.