トップページ  / 特別企画 / ヘリウム・酸素混合ガスの有用性  

ヘリウム・酸素混合ガスの有用性 人工呼吸器アヴェアを用いた動物実験による検証

風船やスキューバーダイビング用のガスボンベで使用されるヘリウムガスですが、医療の現場でもいろいろなところで使用されています。そのひとつに人工換気を行うガス源として、ヘリウムと酸素を混合したガスを使用するケースがあります。
既にCOPDや喘息など、気道障害のある症例でヘリウムと酸素の混合ガスを使用した報告がされており、ヘリウムが酸素や窒素に比べ細いところを通過しやすい特性があるとことがわかっています。

 

ではそもそも、成人に比べ解剖学的に細い気道を持ち、内径2.0mmからととても細い気管チューブを使用する新生児におけるヘリウムの効果はどのようなものか、そのような視点から、この度、動物実験によるアヴェアを使用したヘリウム・酸素混合ガスの効果を検証し、その結果を第14回新生児呼吸療法モニタリングフォーラムにて発表しましたのでその内容をご紹介いたします。

 

今回の検証/発表に際し、多大なるご支援とご協力をいただきました、信州大学医学部 小児科学講座 馬場淳先生、並びにエア・ウォーター株式会社 総合開発研究所医療研究室 相川徹也様に深く御礼申し上げます。

また以前、特別企画にてデューク大学ICUのRRT、John D. Davies氏にヘリウム・酸素混合ガス(Heliox)について語っていただいたページがありますので、そちらも合わせてご覧ください。

(人工呼吸器部 宮内香織)

 

 

次のページは、「ヘリウム・酸素混合ガスの有用性 人工呼吸器アヴェアを用いた動物実験による検証

 

 

 

print もどす 次のページ>> 
Copyright © 2017 アイエムアイ(株). 医療従事者向け情報マガジン イント http://imimed.jp