トップページ /  低体温療法Up to date 次のページ>>

Arctic Circle  はじめに

 

Kees PoldermanKees Polderman, MD, PhD, University Medical Center Utrecht, Utrecht, Netherlands

 

 

低体温療法の導入期では、目標体温(通例32~34℃)にできるだけ早く、しかもできるだけ副作用を伴わず達することが必要です。このことは、心拍再開か ら最高8時間が経過し、低体温療法が保留されない限り、できるだけ早くcoolingが始められなければならないことを意味しています。

新しいcooling機器の多くは急速な冷却能力を持っています。体表を効率的にcoolingする機器と高流量かつ急速な冷たい輸液が併用されれば、 4℃/hrのcooling rateを達成することができます。中枢温の“オーバーシュート(すなわち、目標体温よりも有意に低い体温にまで低下する)”を防ぐため、中枢温が正しく 測定されることが重要で、体温測定に選ばれた部位ができるだけ“真の中枢温”を反映している必要があります。“真の中枢温”として一般に認められている gold standardは、肺動脈カテーテルで測定される血液温です。

 

低体温の副作用のリスク、特に不整脈のリスクは、患者さんの中枢温が30℃以下に低下した場合に有意に上昇します。中枢温の測定エラー(=測定遅れ)によって起きたオーバーシュートは、重篤な結果をもたらします。

 

他の部位で測定される体温は、このgold standardと比較される必要があります。この点に関して、現在使われている体温測定部位及び測定方法には、共通する問題と固有の限界があるということを理解していなければなりません。患者さんの中枢温に急激な変化が見られる場合、gold standardである血液温と臨床でしばしば使われる測定部位(食道、膀胱、直腸、鼓膜)で得られる温度との間で、substantial time lags(大きな時間的な遅れ)が発生することがあります。cooling速度が早いほど、測定体温と実際の中枢温との間のtime lag(時間的な遅れ)が大きくなります。この現象は、体温のオーバーシュート(=希望の体温よりも低下する)の危険性とも大きな関係があります。測定体温には、実際の体温とは常に時間的な遅れがあります。体温が既に目標体温になっていても、その事実が体温プローブを制御している機器に正しく“インプット”されないため、cooling機器は患者さんをcoolingし続けます。cooling機器は、測定温のインプットが設定目標体温に近づくまでcoolingを続けます。この間、実際の中枢温(=血液での測定体温)は、目標体温レンジから有意に低下することがあります。

 

体温測定におけるこの遅れには、いくつかの理由があります。第一は、体温が低下した場合、体の様々な部位や臓器で同じ体温になるには時間がかかるということです。体温が平衡に達する速度は、臓器血流に左右されます。臓器への血液循環は、ショックや低体温といった一般的なファクタと共に、臓器固有のファクタによっても影響を受けます。また使用しているcooling機器によっても、体温測定値に影響が見られます。

 

現在使われている殆どの中枢温測定プローブは、体温の急速な変化を検出できるようには作られていません。むしろ(通常は長い時間をかけて起こる)小さな体 温変化をできるだけ正確に反映するようになっています。このため、これらのプローブでは、変化した体温と同じになり、機器に変化した体温をインプットする には、ある程度の時間がかかります。

 

この問題は、他の要因と複合して作用します。例えば、最もよく使われている膀胱温プローブ(Tyco Healthcare社製フォーリーカテーテル)は浮動する温度プローブで、カテーテル内に埋め込まれていません。このため、プローブがカテーテル内を前 後に動き、膀胱を塞ぐバルーン(生食が充填される)内に入る可能性があります。バルーンに室温の生理食塩水が充填されたばかりであった場合、温度測定に有 意な影響を与えます。勿論、時間が経てばバルーン内の生理食塩水は膀胱温に達します。温度が平衡状態になるまでには時間がかかり、その間は体温測定にエ ラーが見られ、cooling時に問題を起こします。
(この場合、温度センサが生理食塩水で満たされたバルーン内に入ったことによって、体温が過小評価さ れ、冷却速度がかなり遅くなります。)

 

現在、最もよく使われる温度測定部位には、それぞれの利点と問題があります。様々な中枢温測定部位と血液温との平均的な時間的な遅れ、及び様々な中枢温測定部位の利点と限界については、追加の一覧にまとめています。

 

低体温の副作用のリスク、特に不整脈のリスクは、患者さんの中枢温が30℃以下に低下した場合に有意に上昇します。中枢温の測定エラー(=測定遅れ)によって起きたオーバーシュートは、重篤な結果をもたらします。低体温療法をしている、あるいは急速なcore coolingをしようとしている医師は、さまざまな測定部位及び測定方法の限界について知っており、30℃以下に体温が低下しないように適切な注意を払わなければなりません。  

 


print もどす 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7   
Copyright © 2017 アイエムアイ(株). 医療従事者向け情報マガジン イント http://imimed.jp