トップページ > Technical & Safety Tips > 呼吸管理中のトラブルと注意事項 1 / 2  

呼吸管理中のトラブルと注意事項

患者さんに被害を及ぼすことはなかったが、日常診療の現場で、“ヒヤリ”としたり、“ハッ”とする「ヒヤリ・ハット」事例。この発生の三大要因は、「確認が不十分であった」、「観察が不十分であった」、「心理状態(慌てていた・思い込み等)」です。
ヒヤリ・ハット事例を未然に防ぐためには、よく確認、観察する、慌てず落ち着いて行動する、思い込みだけでなく、今一度確認する、といった基本的動作、行動、心がけが重要です。 特に人工呼吸管理においては、様々なヒヤリ・ハット事例が報告されています。今回は、これらを未然に防ぐと共に、安全に安心してご使用いただくための、一般的な点検、準備、注意について紹介しますので、院内の呼吸管理にお役立てください。 

 

人工呼吸器側のトラブルと対策チェックポイント

※以下の記載内容は全ての機種に共通するものではありません。ここでは一般的な内容を紹介します。詳しくはご使用になる人工呼吸器の取扱説明書、添付文書をご覧ください。

1.駆動源

(トラブル例)
コンプレッサのフィルタの目詰まり、配管/コンプレッサからの水の発生、ガス供給圧の不足/過剰
(対策、チェックポイント)

定期的にフィルタの汚れを点検、清掃

本体ガス入力部のウォータートラップに水が溜まっていないことを確認

ガス供給圧力を点検

耐圧ホースの接続を確認

 

人工呼吸器側のトラブル安全管理

2.酸素ブレンダ

(トラブル例)
精度不良

(対策、チェックポイント)

定期的に吸入酸素濃度を実測し、設定値と一致することを点検

酸素と圧縮空気の供給圧差を無くする

 

3.人工呼吸器本体

(トラブル例)
換気機能やアラーム機能の作動不良

(対策、チェックポイント)

使用前のチェック、定期保守点検(作動確認・点検・調整・消耗品交換など)を実施

設定値(酸素濃度・上限圧・換気量・呼吸回数など)が適正であることを確認、再評価

適切なアラームレベルを設定

アラームが「ON」であることを確認

目視、生体情報モニタ(パルスオキシメータ、呼気CO2モニタ、血圧計、心電図)、換気量計や聴診器などにより、
   患者さんの状態を常に観察

フローセンサに水が溜まっていないこと、ネブライザによる薬剤がついていないことを点検

電源コンセントの抜け、取り付け箇所の間違いを点検。コンプレッサとは別電源に切り替える

回路交換や万一の故障、災害に備え、救急蘇生バッグ(アンブバッグ)を準備

 

2.呼吸回路

(トラブル例)
リーク(コネクタ・チューブなどの接続の間違いや抜け、チャンバの破損、ウォータートラップやネブライザからの漏れ、蛇管の破損)、回路内の結露(水が患者さんの気管内に入った)、加温加湿器(滅菌蒸留水)の補充不足による気道の乾燥

(対策、チェックポイント)

リークテストを実施

呼吸回路の接続を再確認

患者さんの顔や手足の色(チアノーゼ)、胸の動き、呼吸音(左右)を観察・聴診

加温加湿器チャンバに破損のないことを点検

看護師

気道内圧が適正な範囲に入っていることを点検

呼気換気量が設定値に近似していることを点検

気道内圧測定チューブ中に水がないことを点検

ウォータートラップ内の水を排水

吸引時に痰の粘調度を点検

吸入ガス温度が適切であることを測定

加温加湿器チャンバが温かいことを点検

温度計、温度プローブが吸気側に入っていることを確認

感染防止のため、呼吸回路やフィルタを定期交換

人工鼻はメーカーの指定に従い交換

 

次のページは「患者さん、管理者のトラブル」です。

print もどす pdf 次のページ>>
Copyright © 2017 アイエムアイ(株). 医療従事者向け情報マガジン イント http://imimed.jp