TOP > 商品レビュー > 【MONNAL T60ベンチレータ CPVモード】販売開始のご案内

【MONNAL T60ベンチレータ CPVモード】販売開始のご案内

掲載:2017年12月 / 文責:レスピラトリ・ケア部 ベンチレータチーム

MONNAL T60ベンチレータ CPVモード

この度、MONNAL T60ベンチレータの新モードとして、CPV(Cardio Pulmonary Ventilation) モードの販売を12月25日(月)に開始することとなりましたのでお知らせいたします。

CPVモードとは?

胸骨圧迫(CPR)中にベンチレータで継続的に換気を行う新しいモードです。
従来のベンチレータは胸骨圧迫による気道内圧の上昇を自発呼吸と感知してしまい(オートトリガ)、上手く換気を行うことができませんでした。
また、ベンチレータによっては、気道内圧の上昇が設定吸気圧以上に達すると呼気に転換する、または設定吸気圧に保つためガスをリリースする、という動作をするため、胸骨圧迫のエネルギーが心臓に伝わりにくくなっています。

これに対し、MONNAL T60のCPVモードでは、

  • ●胸骨圧迫中はトリガOFFで圧制御換気を継続、気道内圧の数値変化から胸骨圧迫回数をカウント
  • ●設定吸気圧以上の気道内圧を許容するプログラム (ピーク圧上限値では呼気に転換)
  • ●挿管・非挿管のどちらでも使用可能

などの特徴により、ストレスなく胸骨圧迫中に使用することができます。

ホーム画面(赤枠は[CPVモードアクセス]キー)

ホーム画面の[CPVモードアクセス]キーを押すだけでCPVモードは開始され、胸骨圧迫に特化した測定パラメータが表示されます。

CPVモード画面(赤枠は[ROSC]キー)

【 CPV測定パラメータ 】

・fCC
:胸骨圧迫回数
・noCC
:胸骨圧迫中断時間
・タイマー
:CPVモード作動時間
・P-P

:胸骨圧迫により発生した、PEEPレベルからの気道内圧の上昇数値

・EtCO2

:オプションのカプノメータ使用時に表示

・VTi
:吸気1回換気量

ROSCフェーズ画面(赤枠は[CPV]キー)

患者さんの自己心拍が再開した場合は、 [ROSC]キーを押すだけでPCVに移行(ROSCフェーズ)するため、換気を中断させる必要がありません。

[CPV]キーを押すと、CPVモードに戻ることができます。

CPVモード イメージ動画 公開中

カテゴリ
学会展示会レポート
商品レビュー
ユーザーの声
イベントスケジュール
保守点検技術講習会
学会展示会・セミナー
会員制サイト
RTXの広場 [ 休止中 ]
Neuro モニタリング倶楽部
特設コーナー
人工呼吸器PAL(仲間たち)
体温管理 UpToDate
アンブ蘇生バッグ
赤外観察カメラpde-neo
Respiratory Products
Technical & Safety Tips
シミュレーション・ラボ
海外レポート
特別企画
インテリジェンスサービス
保守点検マニュアル更新のご案内
セミナーDVD・ハンドブック等
呼吸回路図・呼吸回路組立
文献・抄録情報
医療機器関連書籍のご紹介
商品に関する資料のご請求
その他
メールマガジンのご登録
メールマガジンのお問合せ
intへのお問合わせ
サイトマップ
会社情報
アイ・エム・アイ

© 2007 IMI Co., Ltd.