トップページ > 人工呼吸器PAL 仲間たち > Advancing technologies AVEA

人工呼吸器PAL 仲間たち : Advancing technologies AVEA

ワッツモナール(1)~(5)ワッツモナール(6)~(10)

第19回新生児呼吸療法モニタリングフォーラム 企業企画セッション8 のご報告

第19回新生児呼吸療法モニタリングフォーラム 企業企画セッション8「CLiO2(FiO2自動調整機能)つかってみました!」のご報告

第19回新生児呼吸療法モニタリングフォーラム 企業企画セッション8「CLiO2(FiO2自動調整機能)つかってみました!」が、2017年2月16日~18日、大町市文化会館・大町公民館にて開催されました。弊社は2日目の17日、企業企画セッション8を共催いたしました。

第38回日本呼吸療法医学会学術集会 ランチョンセミナーのご報告

第38回日本呼吸療法医学会学術集会 ランチョンセミナーのご報告

2016年7月16日、17日にわたり、第38回日本呼吸療法医学会が名古屋国際会議場で開催されました(会長:西田修 先生 藤田保健衛生大学医学部 麻酔・侵襲制御医学講座)。学会初日に弊社は「ICUにおける食道内圧測定:有用性と展望」とのテーマのもと、ランチョンセミナーを共催させて頂きました。

人工呼吸器AVEA 新生児向け機能CLiO2 新発売

CLiO2

これまで行われてきた呼吸管理では、先生から指示された目標SpO2に従って手動でFiO2をコントロールしていました。CLiO2は、患者さんのSpO2をモニタリングしながら目標範囲を維持するために吸入気酸素濃度(FiO2)を自動でコントロール(クローズドループ制御)する最新テクノロジーを持った機能です。

「新生児に対する吸入酸素濃度の自動コントロールの有効性」のご紹介

吸入酸素濃度の自動コントロール

イタリアより、クラウディオ ミグリオーリ先生(スペダーリ市民病院 新生児学・NICU イタリア ブレシア)をお招きし、「Effectiveness of Automatic Control of Inspired Oxygen for Neonates」(新生児に対する吸入酸素濃度の自動コントロールの有効性)を、ご講演頂きました。 ご講演要旨をご紹介いたします。

第37回日本呼吸療法医学会学術集会 ランチョンセミナーのご報告

2015年7月17日、18日の二日間、国立京都国際会館にて【やすらかな呼吸を求めて】をテーマに第37回日本呼吸療法医学会学術集会が開催されました(会長:京都府立医科大学付属病院 集中治療部 橋本悟 先生)。学術集会には例年通り多くのドクター、医療関係者が参加され、活発な議論が行われていました。

経肺圧(肺内外圧差)を理解する

第41回日本集中治療医学会学術集会にて開催された、フロリダ大学教授Edger J. Jimenez先生による教育セミナーLS-6「経肺圧(肺内外圧差)を理解する」の講演内容をご紹介します。食道内圧測定による経肺圧(肺内外圧差)の理解と、重症呼吸不全症例に対する人工呼吸器設定のご参考になれば幸いです。

第36回呼吸療法医学会学術総会ランチョンセミナーのご報告|経肺圧(食道内圧)の役割

2014年7月19日(土)~20(日)秋田にて開催されました「第36回呼吸療法医学会学術総会」にて「Role of Esophageal Pressure Monitoring on Mechanical Ventilation Setting of ARDS patients」(ARDS患者の人工呼吸器設定における食道内圧モニタリングの役割)と題してランチョンセミナーが開催されました。

Advancing technologies 「Volmetric capnography(VCO2)」

VCO2

AVEAコンプリ2の「食道内圧計測機能」と双璧をなすもう一つの特徴的な取り組みは、 「Volmetric capnography機能」であります。「Volmetric capnography」とは従来のEtCO2測定に加え肺から排出されたCO2の量を測定することを指します。

Advancing technologies「食道内圧計測機能」-AVEAコンプリ2-

食道内圧

AVEAコンプリ2の最も先進的な取り組みは、日本国内初の「食道内圧計測機能」を搭載した点にあります。
「食道内圧計測機能」は、従来の人工呼吸器の気道内圧の測定に加え、あらたに食道内の圧力を測定します。胸腔内圧とほぼ等しい食道内圧をモニタリングすることで、多面的に肺の状況を把握し、より安全で適切な呼吸管理を行おうというものです。

ヘリウム・酸素混合ガスの有用性 人工呼吸器アヴェアを用いた動物実験による検証

成人に比べ解剖学的に細い気道を持ち、内径2.0mmからととても細い気管チューブを使用する新生児におけるヘリウムの効果はどのようなものか、そのような視点から、この度、動物実験によるアヴェアを使用したヘリウム・酸素混合ガスの効果を検証し、その結果を第14回新生児呼吸療法モニタリングフォーラムにて発表しましたのでその内容をご紹介いたします。

PICU人工呼吸管理プロトコール 後編

前回に引き続き、PICU人工呼吸器プロトコール後編をお届します。「高頻度振動換気(HFOV)人工呼吸の開始から初期設定まで」、「高頻度ジェット換気(HFJV) 人工呼吸の開始から初期設定まで」、「肺リクルートメントマニューバー」、「PICU人工呼吸器プロトコール」等

PICU人工呼吸管理プロトコール 前編

今回、PICU人工呼吸器プロトコールを米国デューク大学より入手いたしました。人工呼吸器AVEA、VELA、3100Aを、より快適にご使用頂くための情報としてご覧いただければ幸いです。「従来の人工呼吸 人工呼吸の開始から初期設定まで」「従来の人工呼吸 モニタリングから抜管まで」等

Helioxの治療上の利点と臨床的な問題点について(3)

Helioxとはヘリウムと酸素の混合ガスです。実はHelioxは気道抵抗の高い患者様に対して低い気道内圧で換気がおこなえるという利点を持っています。ヘリウムは分子量が小さい単原子分子であり、窒素の2倍のスピードで

Helioxの治療上の利点と臨床的な問題点について(2)

Schaefferにより1999年のスタディがなされています。挿管された喘息患者さんについてのスタディです。大きな年齢分布で、レトロスペクティブスタディです。基本的に人工換気開始直後の2時間にHelioxを供給しています。エンドポイントはA-a gradient(A-a格差)の変化でした。彼が発見したことは、Heliox使用群ではA-a格差が有意に低下しているということ...

Helioxの治療上の利点と臨床的な問題点について(1)

Helioxとはヘリウムと酸素の混合ガスです。実はHelioxは気道抵抗の高い患者様に対して低い気道内圧で換気がおこなえるという利点を持っています。ヘリウムは分子量が小さい単原子分子であり、窒素の2倍のスピードで気道を通過できる特性を持っています。この特性を人工呼吸に生かすと、COPDのように気道抵抗の高い患者様でも、通常のガス(エアーと酸素)を使用するよりもより低い気道内圧で換気をおこなうことが可能なのです。

カテゴリ
学会展示会レポート
商品レビュー
ユーザーの声
海外レポート
特別企画
イベントスケジュール
学会展示会・セミナー
保守点検技術講習会
特設コーナー
アンブ蘇生バッグ
赤外観察カメラpde-neo
人工呼吸器PAL(仲間たち)
Respiratory Products
Technical & Safety Tips
シミュレーション・ラボ
インテリジェンスサービス
保守点検マニュアル更新
呼吸回路図/呼吸回路組立
文献・抄録情報
セミナーDVDのご案内
医療機器関連書籍のご紹介
商品に関する資料のご請求
その他
メールマガジンのご登録
メールマガジンのお問合せ
intへのお問合わせ
サイトマップ

会員制サイト
RTXの広場
Neuro モニタリング倶楽部
会社情報
アイ・エム・アイ

Copyright © 2017 アイエムアイ(株). 医療従事者向け情報マガジン イント http://imimed.jp